denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

蓼ノ湖 スノーシュー

先日,スノーシューも買ってしまったし,もう我慢ができない。
早速,雪山へGO!である。

山行日:2013年 2月 2日(土)
ルート:奥日光湯元バス停~蓼ノ湖~往路を戻る
メンバー:m109さん,タカシ,キムタカ,mont-denden

 雪山と言ってもたった3時間の楽々ピクニックコースだ。(笑) m109さんが見つけてくれた奥日光は蓼ノ湖(たでのうみ)ツアーなのである。 ほかにスノーシュー初体験のキムタカと,山は昨年の燕岳以来というタカシが参加。この日は2月に入ったばかりだというのに5月上旬並みのバカ陽気で,心配していたいろは坂に雪はなかった。それどころか湯元まで道路にほとんど雪はなく拍子抜け。

9:00 湯元バス停に集合し,若い女性ガイドさんの案内で他のグループを含む総勢10名がスタート。
 まずは,とても濃い温泉に入れるという「温泉寺」を見物し,硫黄臭が立ち込める源泉が湧く場所を通って雪の斜面に取り付いた。気温が高いせいかちょっと登っただけで汗ばんでくる。ジグザクと斜面を登っていくと間もなく広くて平らな場所に出た。湯元で閉鎖されていた金精道路である。

金精道路はガードレールまで雪に埋もれていた。空は青空!
P1010634.jpg

初めてのスノーシューに喜ぶキムタカ!
P1010635.jpg

 金精道路を横切ると下り斜面である。パウダースノーを期待していたがバカ陽気のせいで残念ながら重い湿り雪だった。時折「ビシ!」という音がこだまする。ガイドさんによれば雪が割れる音だそうだ。雪崩の前兆でもあるらしい・・・

 トレースのついた道をそのまま下りてもつまらないと思っていたら,想いは皆さん同じでガイドさんがトラバースコースのオプションを提案すると,早くそっちに行こうよとばかりに皆が歩き出す。
 トレースのない斜面をトラバースしたと思ったら今度はいきなり急斜面を下る。私は一番乗りに駆け下りた。そしてコケた。(笑) 誰かさんがお尻で滑り下りた跡が格好の滑り台となり,他の方もシリセードでそこを滑り降りる。
 蓼ノ湖へと続く夏道はなく,積雪期以外はかなりのやぶこぎをしなければ,蓼ノ湖へは行けないそうである。

10:15 凍結した湖面が雪で覆われた蓼ノ湖に到着。
P1010638.jpg

 このとき,湖の反対側に何やら動くものをガイドさんが発見。キムタカは用意してきた双眼鏡を,私は単眼鏡をザックから出してのぞく。サルだー!!

雪と青空と蓼ノ湖。きれいきれい♪
P1010640.jpg

バカ陽気のせいで氷が融けている。完璧に凍っていれば湖面上も歩けるそうだ。
P1010641.jpg

神秘的である。
P1010642.jpg

静寂である。
P1010643.jpg

素晴らしい天気なのだー!
P1010644.jpg

 ガイドさんの説明を聞きながら湖畔をちょうど反対側まで歩いた。春のような陽射しで,雪上なのにポカポカ陽気。みんなでザックを降ろして小休止する。
 自宅を出発する直前にドリップしてきたコーヒーをすすった。(サーモスボトルは保温力抜群)

P1010645.jpg

サルと勝負して倒されるタカシ!
P1010646.jpg

蓼ノ湖へそそぐ小さな流れ。
P1010649.jpg

きれい。
P1010652.jpg

きれい。
P1010653.jpg

 このあたりは小さな雪原が広がっていて,そこにはサルの足跡が無数につけられていた。大きな足跡,可愛らしい小さな足跡。そういえばナマう○こも落ちていた。(汗)
 サルの腰掛(きのこの一種)をたくさんつけた木もあった。

サルの腰掛けを説明するガイドさん(右) ガイドさん鼻水をすすってばかりいた。風邪?
P1010654.jpg

 湖畔を一周して往路を引き返す。このとき雪の割れ目をキムタカが飛び越えた。私もそれに続く。ところが着地したところがみごとに崩れ,またしてもコケてしまった・・・(というより雪に潜ってしまった)

P1010655.jpg

 復路で誰かがつけたシリセード跡を発見。ガイドさんに寄り道の了承を得て皆でそこを滑る。だが雪がくさっていて,お尻が潜るだけだった。(汗) それを見越してか?すれ違う登山客の中には簡易そりなるものをザックにくくりつけている方もいた!
 スノーシューでの歩き方にもなれ,私をはじめ登山道をわざと外しながら浮力を楽しみながら下った。

12:00 かくしてツアー終了である。たった3時間の行程だったので体力はあり余って未練たらたらだ。だが仕方ない,ガイドさんにありがとうの別れを告げた。
 さすがに腹が減ったので話題は昼メシになった。その結果,宇都宮まで車を飛ばし,餃子を食べようということになる。

(日光宇都宮道路をすっ飛ばす・・・)

 土曜日の宇都宮は県庁所在地だけあって大混雑。やっとこさ「まさし」に到着したと思ったら昼飯どきを過ぎているにもかかわらず順番待ちの列が・・・ しかも店内をのぞくとメニューは餃子オンリーでカウンター席しかない。なので次の店をさがす・・・
 次なる候補は現在位置から最寄りの「みんみん本店」。渋滞にもまれて,やっと着いてあぜん・・・ 路地裏の小さな店なのに大行列だ!どれだけ餃子好きなのだ宇都宮市民!!

 こんなことを繰り返し,ようやくたどり着いたのが駅の反対側から少し離れたところの「みんみん」だった。ここでは待ち時間も少しでテーブル席が利用できた。焼き餃子,水餃子,揚げ餃子を適当に数枚注文してみんなで突っついて食べた。
 ごめんなさい。帰路の運転はキムタカにまかせることにして,私だけスーパードライでカンパーイ!! やっぱり餃子にはビールと昔からきまっている。(笑)

 腹が膨れたあとは,最寄りのアウトドアチェーン店「Wild 1」に寄り道。m109さんはさっそくシリセード用の簡易そりを購入していた・・・ 525円?

 何はともあれ,楽しい行程でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。