denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

2012夏季縦走(4日目)

山行日:2012年8月3日(金)~8月6日(月)
ルート:折立~薬師峠キャンプ場(泊)
    ~太郎兵衛平~薬師沢~祖母岳~雲ノ平キャンプ場(泊)
    ~祖父岳~水晶岳~野口五郎岳小屋(泊)
    ~烏帽子小屋~高瀬ダム
メンバー:mont-denden(ソロ)


4:00 起床 というより一晩中雷が鳴っていて,寝たり起きたりの繰り返しだった。
 窓の外は,まだ短い間隔でビカビカ光る! 槍ヶ岳方面が特にスゴイようだ。
 野口五郎小屋から烏帽子小屋の間は見晴らしの良い稜線である。このコンディションで出発しようものなら狙い撃ちされること間違いなし!

 
 仕方ないので出発の準備を整え,カロリーメイト等の軽い朝食を食べながら待つ。関西からの団体さんも朝食を終えて外の様子を見ている。皆怖くて一歩も小屋の外に出れない・・・

5:00 あれだけ凄まじかった雷も夜明けとともに少しずつ遠ざかりはじめた。雨も小降りになってきた。しばらく足止めされることを覚悟していたが,もう少し待てば出発できそうである。

5:24 出発 まだ雨は降っているが雷はどこかに行ってくれた。良かったー! 
 野口五郎小屋から先は,昨日と同じくゴツゴツとしたデカイ花崗岩と,それが風化して細かくなった砂礫の道である。雨が降っているので本日は写真なし。

 地図にはないが,展望コースとお花畑コースへと二手に分かれる道標が出現する。ガスで展望がまったくないので迷わずお花畑コースを選んだ。
 ここで本日最初の登山者とすれちがう。可愛らしい山ガールがその容姿に似つかわしくない大きなザックを担いでいた。単独行だというが,若い女性がひとりでテント山行で怖くないのだろうか。
 お花畑コースにはハクサンイチゲと,見たことがない(気にしたことがない)レモンイエローの花が咲いていた。それと黄色い小さいやつも・・・(汗)

 三ツ岳のピークを巻いてしばらく進むと道は右に折れて下る。
 そこを右に折れずに少し行くとコマクサが咲いているはずである。6年前にはここで沢山のコマクサを見ることができた。立入禁止なので少しだけ覗いてみたが,以前よりかなり数が減った印象であった。
 ここから烏帽子小屋までは緩やかで凹凸のない歩きやすい道が続く。私が名付けた「ご褒美の道」である。
 ご褒美の道の両側には小石が綺麗に並べられてあり,その外側にはコマクサが沢山咲いていた。小雨が降っていたのでコマクサも元気に見える。石を並べてあるのは,コマクサを守るために山小屋の方が並べたものだろう。すごい労力である。頭が下がります・・・

 雨のためこれまでカメラを仕舞っておいたが,ほとんど気にならなくなったので引っ張り出す。
 ダム湖が見える。今回の行程はあの高瀬ダムまでだ。

IMG_3577.jpg

 もう,行くことを諦めた烏帽子岳。
 烏帽子小屋近くまで下ると見えなくなるので,雨が止んで撮影できてよかった。

IMG_3580.jpg

 奥には読売新道の稜線(赤牛岳)

IMG_3588.jpg

7:30 烏帽子小屋に到着
 ここで気になることがひとつ。それは高瀬ダムへ下山したあとのタクシー。 信濃大町駅までタクシーで移動すると料金は約8,000円で新宿までの特急より高額なのだ! ひとりで負担するには痛すぎる金額なのである・・・
 だから,小屋の方に乗合いを募っていないか聞いてみた。だが,この時刻では既に全員が出発してしまったそうである。仕方なくタクシーの電話番号とケータイの通じる場所を教えてもらった。
 小屋の前のベンチでレインウェアを脱いでブナ立尾根を下る準備をする。 隣には30歳くらいのカップルが休憩していた。この方たちはこの後どうするのかな? もしも同じ道を下るならタクシーを乗合いでお願いしたいところだが,無粋なのでやめておいた。

7:50 烏帽子小屋を出発
 小屋で教えてもらった場所でタクシーを呼ぼうとしたが電波状態が悪くて通じなかった。高瀬ダムに公衆電話があるそうなのでそれを使おう。
 あとは高瀬ダム目掛けて下るのみ。ここを下るのも2回目だが,北アルプス三大急登と言うだけあって登りには使いたくない急坂が延々と続く。

 途中から見えていた大崩壊地。左が南沢岳で右が不動岳,鞍部が南沢乗越なのだろう。2年前の縦走時にご一緒した方が「あのあたりは道が悪く精神的によろしくない」と言っていたことを思い出す。

IMG_3590.jpg

 1回目の休憩で行動食を食べていると,烏帽子小屋で会ったカップルが追いついてきた。
 彼らは七倉から入山し,船窪小屋のテン場でキャンプした後,まさに上の写真の稜線を辿ってきたそうである。彼女曰く「道は悪かったですよー。」
 それにしても船窪岳~不動岳~烏帽子岳などというコースは,若いカップルにしてはシブすぎるのである。何故こんなところをと尋ねてみれば,北アルプスの主だった稜線はほとんど歩いてしまい,この間を歩けばほぼ完走に近づけるのだそうだ。ザックがやけに大きいと思ったら,やはりタダモノではなかった・・・(笑)
 私も折立から入山して雲ノ平を経てここまで来たことを話し,景色が良かったことなどを伝えて打ち解ける。調子に乗って二人の関係を聞いてみたところ,彼氏と彼女の仲でありまだ結婚はされていないとのことだった。

 せっかくだから例のタクシーの乗合いの話を持ちかけてみた。すると彼らは七倉ダムに車を止めてあり,高瀬ダムに下山後も七倉までの約2時間を歩く予定だとのこと。それでは乗合いはお願いできない・・・
 しかし彼らは優しかった。「旅は道連れです。どうせ大町方面に向かいますからご一緒しましょう。乗ってください。」と言ってくれた。だが,仲良く恋人同士が旅を楽しむ中,オジサンの私など邪魔以外の何者でもない! 気持ちは嬉しかったがさすがに遠慮した。
 ところが彼は,私が固辞するにもかかわらず遠慮は要らないからとさらに同乗を勧めてくる。こうなっては断るほうが失礼になる。それではとご一緒させてもらうことにした。ただし,気を使って先に出発することにする。
 すると彼女が「私たちは少し休憩してから行きます。コースタイムくらいのペースでは下りられると思いますので,先に行って待っていてください。」と優しい・・・
 こうなると,私としても彼らに追いつかれてはイケない。特にペースを上げることはしなかったが,休憩はほとんどせずに尾根を下った。

 途中で6年前に山仲間のZEN兄イがつまづいて後から降ってきた場所に出た。あの出来事は今でも鮮明に覚えている! 私を先頭に木製のはしごを慎重に下ったところで,突然後からデカイ身体がふっ飛んできたのである。そして運よく胴体着陸に成功した彼は開口一番,「中学のときに柔道の受身を習っておいて本当に良かった。」と言ったのだ! 鮮明に覚えている!!
 この場所をZEN兄イに見せてやろうと写真に収めようとしたが,暗くてピンが合わずうまく撮れない。3回シャッターを押しても何故かダメだったので,今度はケータイで撮ってみる。やはりシャッター速度が遅すぎてダメだった・・・ ZEN兄いの,写真を撮らせまいという執念が自縛霊のように棲みついていたのかも知れない。

10:10 ブナ立尾根登山口に到着
10:30 高瀬ダムに到着(トンネルを出たところ)
 
 さてと,彼らが来るまでザックの中身を少しでも整理しておこう。レインウェアを畳んで袋に入れる,ゴミをすぐに捨てられるようにしておく,温泉セットをすぐに取り出せるようにしておく・・・
 時折,通り雨が降りるがトンネルに避難してやり過ごす。

11:00 彼らが到着した。
 七倉まで歩くつもりだと言う。舗装路を2時間歩いても面白くないし,大変だからタクシーで行くことを提案した。もちろんタクシー代は私持ちで。 
 タクシーを待つ間も山のお話。良く観察すると彼女のザックのほうが彼のよりもデカイ! それを彼に指摘すると重さは彼のほうが重いとのこと。(笑) 七倉までは丁度2,000円だった。

 ここからは湘南ナンバーのフォレスターに乗せてもらい,汗を流すため最寄の葛温泉に向かう。 車中で改めて自己紹介したところ,彼はSさんで彼女がHさん。神奈川からやって来たSさんの本来の趣味はサーフィンだそうである,山は彼女であるHさんに引っ張り込まれたそうで,初めての縦走は高天原温泉を経由する6泊だったそうだ。スゴすぎる・・・(汗)

 葛温泉で,露天風呂からゆっくり山を眺めながら4日間の疲れを癒した。汗を流したあとは大信濃町駅まで送っていただいた。
 Sさん,Hさん,その節は本当にお世話になりました。あらためて御礼申し上げます。
 そして早く結婚してください。心優しき人たちよ・・・

 さて,今回は4日分の食料を全て持参したため,山小屋の食事はいっさい食べなかった。ここはボリュームのあるメシを思い切り食べたいところだ。駅の近くの「昭和軒」で迫力のカツ丼を思い切り食べた。もちろん生ビールも! まだ電車には時間があったのでオリンピックニュースを見ながらハイボールも頼んでしまった・・・
 下山後の温泉と食事は,山の楽しみのひとつでもあるなあ・・・

 こうして4日間にわたる雲ノ平~裏銀座の旅は怪我もなく無事に終了した。今回も綺麗な景色を見ることが出来,また,いろいろな方々との出会いがあり,本当に素晴らしい旅だった。


~番外編~
ネギ事件勃発!!
 あずさ26号が新宿に到着し,中央線快速に乗り換えたときに異変は起こった。
 車内は比較的空いていたものの私の周囲には誰も座らない・・・ それどころか立っている人も私を避けているような・・・(汗)
 東京駅に着いてすぐさまザックをチェック。フンフン。。。ナンだこの異臭は!
 異臭の原因は,使い切れずに残ってしまったネギだった! それが強烈なニオイを放っていたのである! 所持している本人は徐々に慣らされていたため気にならなかったのだ!!
 そういえば・・・ SさんHさんのカップルに車で信濃大町駅まで送ってもらう途中,何故か窓を開け放っていた。暑いのになぜなのだろう?と疑問に思ったが,きっと自然の風が好きなのだなと完結してしまった・・・
 そう,原因は私のザックだったのだ!
 Sさん,Hさんごめんなさい!
 にもかかわらず,Hさんは別れ際に私に手を振ってくれていた。本当に優しい人たちでした・・・ありがとう。。。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。