denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

2012夏季縦走(1日目)

山行日:2012年8月3日(金)~8月6日(月)
ルート:折立~薬師峠キャンプ場(泊)
    ~太郎兵衛平~薬師沢~祖母岳~雲ノ平キャンプ場(泊)
    ~祖父岳~水晶岳~野口五郎岳小屋(泊)
    ~烏帽子小屋~高瀬ダム
メンバー:mont-denden(ソロ)

IMG_3176.jpg

 
 3ヶ月以上も前から計画を練り,待ちに待った夏の縦走。この日が来るのをどれほど心待ちにしていたことか。 予定日に仕事が入らないよう細心の注意を払いながらスケジュールを調整してきた。(汗) 夏の縦走は私にとって年に一度の一大イベントなのである。
 今回はテント泊かつ北アルプスだからこそ可能なプランであり,天候や疲労状態,予備日の使い方により勝手気ままに変更できるコースとした。

 新宿発のさわやか信州号で有峰口まで行き,折立行きの夏山バスに乗り換え,7:00に登山口に到着。ブログ等でイメージはつかめていたが,北アルプス最深部に近いとあって,さすがに登山客が多い。
 ここでコンビニで仕入れたおにぎりをほお張ったり,コンタクトレンズを入れるのに手間取ったり(この作業がとても苦手)しているうちに30分が過ぎてしまった。

7:30 登山口出発

IMG_3128.jpg

 清水の舞台から飛び降りた気持ちで買ってしまったグレゴリーバルトロ75
 (後ほどインプレをレポート予定)

IMG_3129.jpg

 入山してすぐ左手に十三重の塔があった。これは1963年に薬師岳で遭難した13人の愛知大学山岳部員を供養する慰霊塔とのこと。

IMG_3131.jpg

 最初は樹林帯の登山道を行く。

IMG_3132.jpg

 2時間もしないうちに視界は開け木道が出てきた。辺りはややガスっていてスッキリとしない。
 それにしても久しぶりに重い荷を担いだため最初からバテ気味である。バルトロの背負い心地はすこぶる良好なのであるが,20kgの重さはそれとは関係なしに下半身をいじめる。

IMG_3133.jpg

 積雪量の測定用?

IMG_3134.jpg

 道はよく整備されている。

IMG_3136.jpg

 後を振り向いてもガスっていて有峰湖がよく見えない。

IMG_3137.jpg

 ニッコウキスゲが咲いていた。

IMG_3138.jpg

 登ること3時間,左手には薬師岳がよく見える。それにしてもデカイ山だ。穂高山群の全部と同じ体積くらいあるのではないだろうか。

IMG_3140.jpg

IMG_3146.jpg

 太郎兵衛平が近づくにつれ道は緩やかになってくる。もう小屋が見え始めた。

IMG_3147.jpg

IMG_3148.jpg

 木道が綺麗に整備されていてありがたい。まだ見ぬ雲ノ平もこんな感じなのだろうか。

IMG_3149.jpg

 太郎平小屋まであと1km地点のベンチで休憩していると,地元富山から来たという方から話しかけられた。2年前から山歩きを始め,自宅から薬師岳が見えるそうだが登ったことはなく,今回初めて目指すそうである。私が休憩を止めて出発するとその方も一緒について来る。いったい私の何が気に入ったのか太郎平小屋までずっと話かけられながら道を歩いた。

11:30 太郎平小屋に到着。ゆっくりペースでもコースタイムより1時間早かった。

IMG_3150.jpg

 冒頭で勝手にコースを変更しながら歩く計画と書いたが,実は一気に雲ノ平まで歩いてしまおうかと目論んでいた。しかし,久しぶりの重荷でけっこう足腰に疲労が溜まった。時間はまだたっぷり残っているが,ここはやはり薬師峠キャンプ場に向かうことにした。バテて着いた途端に横になってしまっては意味がない・・・

 薬師岳方面

IMG_3154.jpg

 三俣蓮華岳方面

IMG_3156.jpg

 雲ノ平方面

IMG_3157.jpg

 黒部五郎岳方面

IMG_3158.jpg

 再度,薬師岳方面

IMG_3159.jpg

IMG_3160.jpg

 水晶岳方面

IMG_3161.jpg

 眼下に薬師峠キャンプ場が見えてきた。2年前の縦走時にも利用したキャンプ場だ。

IMG_3163.jpg

 早速,テントを張る場所を物色する。まだサイトには余裕があったが,何故か張った場所は2年前とまったく同じ場所・・・ きっとこの場所は私の専用なのだ。(笑)

IMG_3165.jpg

 これは,キャンプ用に地元のア○ック5で945円で買ったサンダル。中国製でデザインは感心しないが,つま先を岩からガードできるし踵を踏み潰してもOK! しかも両足で270gと軽量。すっかり気に入ってしまった。

IMG_3167.jpg

 ちょうど昼時となったので早速調理にとりかかった。 本日のメニューは野菜たっぷりベーコンのパスタで,玉ねぎ,ピーマン,ミニトマトは豪勢。自慢したいがまだ周りに誰もいない。(笑)
 パスタはママーの早茹でパスタで,茹で汁が出ないよう水をちょうど良い塩梅に調節しながら調理する。今回はパスタを先に茹でて後から具材を入れて炒めてみたが,うーん・・・ちょっと失敗か。
 次回は具を先に炒めてとっておき,茹であがったパスタに混ぜることにしよう。

IMG_3169.jpg

 何だかんだで完成! 見た目美味そっしょ,実際ウマし!! だけど塩を入れすぎたか・・・しょっぱい!

IMG_3170.jpg

 空には夏の雲が沸いている。雲を見ているだけで癒される。あー,まったり・・・

IMG_3171.jpg

 テントを張って昼飯を食べた後はもうやることがない。午後2時になって太郎平小屋から管理人がやってきた。テントの受付とビールの販売もしてくれるのだ。さっそく幕営料の500円を支払って受付を済ませ,ついでにサントリーモルツを購入する。冷え方が甘いので水場に行って10分ほど冷やす。これ完璧!シュワシュワーっとのど越しサイコー!あー幸せ・・・ 山に来て良かった。(笑)
 ここの水場は蛇口から水が流れっぱなしでしかも冷たい。2年前にもやったが頭にダイレクトに水をぶっかけると快感が極まる! 先客のご夫婦が既に実践していて「気持ちよさそうですね。」とお声がけすると,水を滴らせた奥さんが「もう最高ですよ。」と満面の笑み。私も続く・・・ あー山に来て良かったー!


 暑い! 気温は高くないのだろうが太陽がジリジリと大地を焦がすのである。折り畳み傘で紫外線を遮ってやり過ごすが,それでも耐えられなくなり管理小屋の日陰に逃れて濡れタオルで首を冷やした。外国人のカップルも逃れてきており,3人でビールを飲んだりしながら涼しくなるのを待った。

 夕刻,あちこちから夕げの煙が立ち昇り始めた。ビールのおかげでまだ腹が減った感はないが,体力は相当消耗しているはず。エネルギー源を注入しなければならない。
 今日は初日だ,豪勢にいこう! ソーセージとネギたっぷりのチャーハンである。
 食べ過ぎてしまったが,それぐらいで丁度いいだろう。明日はさらに行動時間が長いはず・・・ 

IMG_3174.jpg

 薬師峠キャンプ場の良いところは,前述の水場とトイレの清潔さである。太郎平小屋からは徒歩20分ほど離れた場所にあるが,管理人がやって来てくれビールも売ってくれる。私専用のテントサイトもあるし(笑),お気に入りのテン場なのだ。
 さあ,明日は夢見た雲ノ平だ。いったいどんな景色が待ってくれているのだろうか。ラジオはイマイチ入りが悪く,テントの隙間から星を眺めながらワイルドターキーを飲んでいるうちに落ちていく・・・


(2日目へと続く・・・)

2 Comments

mont-denden says..."同じ被写体でも・・・"
ほかの人の撮った写真は,ハっとするくらいインパクトを受けることがあります。
私など,m109さんの写真に刺激されっぱなしですよ!(笑)
2012.08.15 20:39 | URL | #- [edit]
m109 says...""
私が行った時は、初日は雲が多くてあまり山の景色が見られなかったので羨ましいです。

同じようなコースを歩いても、写真を撮るポイントが微妙に違っていたり。
勉強になります!

2012.08.14 22:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。