denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

八ヶ岳VS雲取山

 5月19~20日に行った雲取山・飛龍山の行程が結構ハードだったので,昨年行った八ヶ岳と比較してみた。まずは八ヶ岳。

行程:赤岳山荘~行者小屋~阿弥陀岳~中岳~赤岳~赤岳頂上小屋(泊)
   ~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~赤岳山荘
歩行距離:約17km, 最大標高差:1212m

roop-southyatsu.jpg
※使用したツールはカシミール3D

 そして先日の雲取山・飛龍山・・・

行程:所畑~鴨沢~登り尾根~小雲取山~雲取山~雲取山荘(テント泊)
   ~雲取山~奥秩父主脈縦走路~飛龍山~ミサカ尾根~サオラ峠~天平尾根~親川~所畑
歩行距離:約34km, 最大標高差:1553m

 なんたることか!想像以上にこちらの行程のほうがキツイことが判る。標高差も八ヶ岳のそれを300m以上も超えており,歩行距離に至ってはなんと2倍である。

roop-okutama01.jpg

roop-okutama02.jpg


 こうして同じスケールで断面図を比較すると本当に良く判る。奥多摩は低いけど高いぞー! 反対に八ヶ岳が人気なのも頷ける。
 八ヶ岳では小屋泊で荷も軽かったが,雲取山・飛龍山はテント泊で旨いものが食べたかったし,それ以外にも余計なものをたくさん持って行った。疲れたのも当然だ・・・納得。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。