denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

分離型ストーブ

 山メシに興味を持つようになってから18cm径のフライパンや1.3リットルのコッフェルなど,だんだんデカいクッカーが増えてきた。すると今まで使用していたガス缶直結型のストーブでは,ゴトクは小さいは重心は高いはで安心して山メシを作ることができない。
 それで・・・またまた物欲に負けて(というか確信犯)分離型ストーブを購入してしまった。

SPLIT-003.jpg

 
 分離型の購入を検討するにあたり,最後まで候補に残ったのがこのEPI/SPLITストーブとプリムス/ウルトラスパイダーストーブである。ウルトラスパイダーはゴトクが4本あり,しかも重量がSPLITよりも56グラムも軽い。
 では何故SPLITを選んだか。それは安定感抜群のこの座り,リングのおかげで3本ゴトクでも安心。そして決め手となったポイントはハイトコントロール可能な足!山で役に立つと確信。さらにスペック上は最高4200キロカロリーの大出力である。

 しかしこのタイプの宿命でコンパクトさが犠牲になる。かなり大きめなケースに入っており,1.3リッターのコッフェルにも収まらなかった・・・

SPLIT-001.jpg

 取り出してみると,意外小さい。気がする・・・
 ケースの隙間にはライターや小さめの調味料ケースなどを一緒に入れることも可能だろう。

SPLIT-002.jpg

 18cm径のフライパンを載せてみる。おお!これならば安心。カッチョええー!!

SPLIT-04.jpg

 そして点火! イグナイターの先っぽの干渉で一部の黄色い炎が気になるが,さすがの火力を感じる。水を沸騰させるまでの時間を計ったりする紹介ブログもあるが,この勢いならばその必要もないだろう。

SPLIT-006.jpg

 最後に重さを量ってみた。メーカー公表値は234グラムなのに251.5グラム・・・ ちなみにケースに入れて量ってみると,342グラムだった。むう,ケースだけで90グラムか・・・
 最新の軽量コンパクトストーブは本体重量が50グラム台なんていう物もあり,なんとも痛い重さではあるが,その分旨いものを作って食べて楽しめれば良いかと思うのである。

SPLIT-05.jpg


2 Comments

mont-denden says..."Re: 羨ましいです"
 同好会予算でストーブ? 良い良い。買ってしまえー!(笑)

 山道具選びは山に行くのと同じくらい楽しいですね。テントは山道具の中で最高峰!と私は思っています。ドマドームって前室が快適そう。NEWステラリッジは超軽量になった。エスパース・ソロは機能的に完璧だなー。2張目欲しいなー。
<ワンポイントアドバイス>
テントは日本のメーカーが良いです。稜線歩きの多い日本の山に合ってます。
2012.05.31 23:17 | URL | #- [edit]
m109 says..."羨ましいです"
分離型ストーブ・・・昨年餅つき大会前に、同好会予算で買おうかどうかちょっと悩みました(笑)
個人的にはイワタニの分離型ストーブが気になっています。

欲しいものはいろいろで、今はやっぱりテントが欲しい・・・。
がんばってミニロト高額当てます!
2012.05.30 23:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。