denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

燃える涸沢カール! 4人で歩きました。

<山行日>
 2010年10月10日(日)〜11日(月)
<ルート>
 上高地〜徳沢〜パノラマコース〜涸沢(泊)〜往路を戻る
<メンバー>
 隊長 ZEN
 副長 mont-denden
 師匠 KIM
 舎弟 Matsu 

 最近は勝手気ままなソロ山行が続いたので,パーティーでの山旅は久しぶりだ。行き先は隊長のリクエストにより秋の涸沢カールに決定。夏のとんでもない猛暑のおげで季節は遅れ,紅葉のピークがこの連休にドンピシャとなった。
 10日は一日中雨だが11日は晴れの予報なので,午前2時にKIM家を強行出発。雨の高速を延々ひた走ること4時間,さらに松本から下道を1時間走って沢渡に到着した。ここでタクシーに乗り換え上高地へ。

 8:00山行開始!パラパラと小雨が残っていたが,それもすぐに上がってしまった。雨を覚悟していただけに嬉しい誤算である。
 歩き始めて45分で明神に到着。げえ!隊長がもうスーパードライを買ってきた。私も慌てて後に続く。(笑)
 徳沢で休憩後,間もなく左手に現れる吊橋(新村橋)を梓川の対岸へ渡る。しばらく林道を歩くといよいよ登りが始まった。中鼻新道(クライマー専用の道)との分岐を右に分かれ,そこからがパノラマコースである。それにしてもこのルート,時々すれ違う人がいるだけで秋の涸沢へ続く道とは思えない静けさである。気がつけば晴れ間が出るほど天候は回復し,隊長が気分良さそうに「おめーらーの言うこと聞いとけばホントに間違いねーなー。」と・・・ 雨だったらいったいどんな科白に変わったのだろうか。(笑)

 前穂高岳北尾根から屏風岩へ続く稜線上に屏風のコルという場所がある。ここを越えると眺めは劇的に変わった。太陽に照らされてはいないものの,初めて見る秋の涸沢に4人とも唖然!


 屏風岩の裏側も健闘していたが涸沢には及ばない。日光のいろは坂でこのくらいだろうか。(隊長談)


 パノラマコースを涸沢へと下る途中,雲に隠れていた槍の穂先が現る!夏にはあの頂から360度写真を撮りまくったのだ。この尖峰は北アルプスのどこからでも見ることが出来る。


 涸沢が近づくにつれ木々の色付きが尋常ではなくなってきた。それに一体なんなのだ,あのテントの数は! 紅葉に引けをとらないカラフルさ?


 あまりに綺麗な紅葉に足止めを食らい,やや遅めの午後2:30に涸沢ヒュッテに到着。トップシーズンのヒュッテは激混みで布団1枚に3人が寝るそうだ・・・ そのため私を除く3名はあらかじめレンタルテントを予約しておいた。私だけは,いつものソロテント持参。
 テン場はご覧のとおりの混雑だったが,レンタルテントは山小屋に近い位置に設営されており,しかも床下にはコンパネが敷いてあった。ずるい! 私はと言えば,平らな場所を求めてテン場中を探し歩いたが,ロクな場所が見つからない。最後の最後に何とか設営できる場所が見つかり,丹念に大小の石を並べて床を整地しテントを張った。
 やっとの思いで今夜の寝ぐらを確保して小屋のテラスに行くと,3人のジョッキは既に空だった。慌ててジョッキで応酬する。その後,夕食にはちょっと早かったが,それぞれ持参の食材を調理?し,夜のとばりが下りるのに備えた。KIMはうどんとカップ麺の2つを食べていた・・・(汗)

 日が暮れて各自テントへ戻りバタンキュー。寝静まったころ,にわかに雨粒が天幕を叩いたが,疲れが優先し再び熟睡。
 夜明け前,山から吹き降ろす風にテントのフライシートがパタパタと音を立てたので目が覚めた。テントから顔を出して空を見上げると満天の星! 宝石を散りばめたような夜空だった。

 山の朝は早い。4:00に起床してテント内を整理しガスストーブに火を入れ湯を沸かす。カップラーメンをすすってからテントを撤収。3人のレンタルテントに行ってみると隊長だけが居て,他の二人は写真を撮りに行っているとのことだった。
 そう!これから始まる穂高の山々にご来光が映るモルゲンロートは,写真を撮る人たちにとっては憧れのシーンなのだ。

 さあ,モルゲンロートのはじまりはじまりー! 私は,山小屋付近の混雑を避け,ゆっくりと写真が撮りたかったのでヒュッテよりもやや高い場所へ陣取った。朝焼けが始まって間もなくすると,何やら谷方向からガスが・・・


 赤く燃える穂高連峰! 山小屋付近からは「ガスで見えないよー!」
と悲鳴が聞こえる。(笑)


 ガスが晴れました,良かったねー。


 灼熱のモルゲンロートから光と影の縞模様に移行。あっという間の時間だ。




 こちらは,大天井岳方面?


 お待たせしました!山岳雑誌などでお馴染みの秋の涸沢カールです。朝の光が当たって色彩がたちどころに膨れ上がりました!


少しズームして。紅葉がすごいです!


 涸沢小屋と北穂を入れて・・・


北穂東稜も燃えています。


 素晴らしい朝のひと時だった。目に焼きついたこの景色は忘れることはないだろう。今年はもう紅葉は見なくていいかも・・・(笑)
 目まぐるしいモーニングショーが終わり,これからの行程をメンバーで話し合った。当初の予定ではこの後,ザイテングラートを登って奥穂高岳に登頂し,その後は吊尾根を渡り紀美子平で一服,岳沢を下って上高地へ戻る計画だ。
 だがしかし,あまりの客の多さに登山道の渋滞を無視できない。しかも帰りの高速(中央道)を考えると3連休の最終日,小仏トンネルを先頭に数十キロの渋滞が発生すること間違いなし! で,結局登ってきたパノラマコースを下ることに決定したのであった。(汗)

 昨日,登ってきたコースだけど,空の色が違う。それに北穂ってこんなに大きかったんだ!


 往路の同じ場所で撮ったけど全く違う写真が・・・ 写真は光のコントロールだ!


 こちらは屏風岩の天辺,屏風の耳。あんなところに人が立っている。時間があれば行ってみたかったなー。(往復50分)


 これが最後の写真,往路で初めての涸沢にびっくりした「屏風のコル」からだ。ナナカマドの赤って本当に素晴らしい!


この後はひたすら登山道を下るのみ。隊長を先頭にその疾きこと風の如く,猛スピードで下山するのであった。徳沢の休憩では全員でビールを飲んだ。(私は生!)涸沢と違って気温が高いのでめっぽう美味い!
 徳沢から上高地に向かう林道では,先頭の隊長とKIMが恐らく時速7kmは出ているんじゃないの?というスピードで歩く。何なんだこの人たちは!いくらなんでも速すぎるよ。テント泊装備を背負っている私は大汗をかいてしまい,馬鹿らしいのでマイペースで行くことにした。Matsuも「速すぎっすよね。」とペースダウンに付き合ってくれた。
 上高地に到着すると,既に隊長がプレミアムモルツを飲んでいて,話を聞くと彼らのペースに張り合う小走りのオバサンたちが現れ,抜きつ抜かれつのデッドヒートを演じたとのこと。アホか!

 中央道の渋滞が気になるので温泉もパスした。タクシーで沢渡まで行き,KIM’sサーフに乗り換え午後2時に松本インターから合流。
 気になる交通情報では,小仏トンネルを先頭に19kmの渋滞が既に始まっているとのこと。3連休の最終日だから仕方ないにしても,こんなに早く渋滞しなくてもいいじゃん・・・ この渋滞はその後30kmまで伸び,抜け出すのに2時間20分を要した。パーキングエリアなども満杯状態で昼食にもありつけず,運転手の交代も無し!復路を最後までKIMに運転させてしまい大変申し訳なかった。KIMよ。ありがとう!(汗)
 なんとか午後10時に帰宅することができたが,もし,奥穂高岳に登頂するコースを選んでいたら到着は確実に翌日となっていたんだろうなあ。

 いろいろあったけど,涸沢カールの最盛期の紅葉が見れて最高の思い出となりました。今週末に同好会で行く谷川岳の紅葉はどうでもよくなってしまったりして・・・(笑)

2 Comments

m109 says..."カラフル"
昨日はお疲れ様でした!
涸沢の紅葉は本当にカラフルで綺麗ですね
ついでに人もテントもカラフル?!

谷川岳の紅葉は終わり加減でしたが、大勢でワイワイしながら行くというのが楽しかったです♪ こちらのレポートもお願いします!(最後酔っ払いで終わってしまい記憶があいまいなところがあるので・・・
2010.10.17 17:50 | URL | #79D/WHSg [edit]
mont-denden says..."山ごはん。ゴチでした!"
m109さんのおかげで美味しい山ごはんが食べられました。ありがとう!
谷川岳の写真,さっそくアップしましたよ。みんなで行ったのでコメントは特にありませんが・・・(汗)

ヨッパのm109さん楽しかったです。(爆)
2010.10.17 22:09 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。