denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

秋の南八ヶ岳(1日目)

山行日  2011年10月8日(土)〜9日(日)1泊
ルート  1日目 赤岳山荘P~行者小屋~文三郎尾根分岐~中岳ノコル~阿弥陀岳
         ~中岳~赤岳~赤岳頂上小屋(泊)
     2日目 赤岳頂上小屋~赤岳展望荘~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~赤岳山荘P
メンバー ZEN兄い,山ボーイK,mont-denden



<プロローグ>
 北アルプスでは紅葉真っ盛りであろう10月の連休,出かけない手はない!
 たいがいはZEN兄い,KIMとの3人でのメンバー構成なのだが,今回はKIMが11月のマラソンに全身全霊をかけているので行かないとのこと。そこで山ボーイKに涸沢に行かないかと打診してみると行くとの返事。
 3連休の涸沢は殺人的な混雑が予想されるため,ヒュッテや涸沢小屋に泊まるのは地獄に落ちるようなものだ。そこで,昨年利用したレンタルテント作戦でいくことにする。さっそくヒュッテに予約の電話を入れてみると,ときすでに遅し!レンタルテントは全て予約済みでした・・・(泣)
 こうして涸沢を諦め,今度は綺麗な紅葉で有名な遠見尾根から五竜岳に登り,唐松岳まで行って八方尾根を下りるという計画を立ててみた。ところが出発前の7日,五竜山荘のスタッフブログには「現在7時、天気吹雪 気温−3℃ 昨日の夜中より降り続いています。風か非常に強く、ときおり20メートル以上吹いています。」との記載。仕事を終えて帰宅し,諦めきれず五竜山荘に電話してみた。すると,「若干風は弱まったものの,スタッフも外へ出れないほどの荒れようだったので登山道の様子は確認できない。」との返答。こう聞かされては諦めざるを得ない・・・(泣)
 五竜でそんな様子なら北アルプスの何処だって同じようなものだ。あとは南アルプスか八ヶ岳しかない。八ヶ岳展望荘に電話してみる。「雪は降っていませんが,かなり冷え込みが厳しいので温かい身支度でいらしてください。」とのこと。
 行き先が二転三転してしまったが,出発前日の夕方ようやく南八ヶ岳に決定したのである。8日午前2:30山ボーイK号にて出発,東関東道から首都高を抜け中央道をひた走り諏訪南ICで高速を降りる。セブンイレブンで食料の調達したのち美濃戸へ向かう。山ボーイKのカーナビはかなり怪しかったが,7:30無事赤岳山荘に到着した。


赤岳山荘。駐車場はすでに満杯状態でキーを管理人のじいさんに渡して停めさせてもらう。
Yatsu_P-001.jpg

はじめはこんな苔むした森の中を歩く。
Yatsu_P-002.jpg

南沢を歩くこと1時間20分,正面に横岳が見えてきた。
Yatsu_P-009.jpg

もう霜柱が立っていた。
Yatsu_P-011.jpg

ゆっくり歩いて9:45,行者小屋に到着。針葉樹林の上に峻険な峰々が連なる。
Yatsu_P-013.jpg


 この時点では直接赤岳を目指すことにしていたのだが,時間に余裕がありすぎるため阿弥陀岳を経由することを提案。皆の同意が得られたので文三郎尾根分岐を左に分ける。


中岳ノコルに向かう途中から望む横岳~硫黄岳
Yatsu_P-022.jpg


 行者小屋から文三郎尾根を経て赤岳に向かうコースは登山客でごった返しているのに対し,阿弥陀岳へ向かうコースはウソのように寂しい道だ。かなり年配の山ガールが同じく阿弥陀岳を目指す。


10:50 中岳ノコルに到着。
Yatsu_P-024.jpg


 中岳ノコルにザックをデポして阿弥陀岳をピストンする。この阿弥陀岳への登りは恐ろしく急峻な岩場で,クサリ・梯子の連続であった。槍ヶ岳の穂先を思い出したがそれよりもずっと登る。しかも浮石が多くて落石に神経をすり減らしながら登った。


阿弥陀岳への登り。
Yatsu_P-026.jpg

阿弥陀山頂に到着。
Yatsu-011.jpg


 阿弥陀岳からの眺望は素晴らしく,眼前に赤岳,南八ヶ岳の全容が見渡せる。正直ここまで良い山だとは期待していなかった。南八ヶ岳を登るなら絶対におススメである。


阿弥陀岳から赤岳を望む。赤岳頂上小屋が見える。
Yatsu-015.jpg

阿弥陀岳から横岳を望む。荒々しいが明日はあの稜線を行くのだ。
Yatsu-016.jpg


 阿弥陀岳からの眺望を堪能した後は再び中岳ノコルに下り,中岳を経て文三郎尾根から登ってくる登山客と合流し,八ヶ岳最高峰の赤岳を目指す。


中岳への登り。
Yatsu_P-034.jpg

中岳山頂
Yatsu_P-037.jpg

中岳を下り,赤岳を目指す。
Yatsu_P-038.jpg

クサリ場。落石注意!
Yatsu_P-039.jpg

文三郎尾根との合流地点。ここからは登山客の渋滞が始まる。
Yatsu_P-047.jpg

そして渋滞。
Yatsu_P-048.jpg


 自身3度目の八ヶ岳であるが,こんなに岩場が多くて険しい山だった記憶がない。それもこれも晴れたのは今回が初めてで,前2回は霧の中を道が出現するままに登ったため高度感がなかったせいだ。
 急な登りなのにZEN兄いの前には山スカートで登る山ガールが・・・(汗) 目のやり場に困りながら登るZEN兄い。一瞬の隙を突いて追い越して一安心。(笑)


Yatsu_P-051.jpg

13:05 赤岳山頂に到着。案の定,山頂はごったがえしだ!
Yatsu_P-053.jpg

おやおや君は何者? ここは2900mの高山なのだよ。どうして君がいるの??
(画面中央の,丸い物体に注目!拡大表示するとよく判ります。)
Yatsu_P-056.jpg

おまいは筋肉スグルではないか。ここは八ヶ岳神社であるぞ。分をわきまえよ!
Yatsu_P-058.jpg


 当初,赤岳を登頂した後は展望荘まで下り,バイキングを食べて風呂に浸かるプランであったが,よくよく考えてみれば,そんな美味しい展望荘は登山客がスシ詰め状態に決まっている。まだ赤岳頂上小屋のほうが幾分マシだろうということで意見が一致。今夜はここに泊まることにした。
 山頂に着いたときは残念ながら周囲の展望は無かったが,赤岳頂上小屋は本当に山頂にあるので,ここに宿泊すれば明日の朝,再び頂上からの景色を見るチャンスがある。晴れればご来光も見れるし。


 本日の行程が終わり,さっそく自炊場に行って乾杯!
Yatsu_P-061.jpg


 乾杯した後は昼食を食べる。ふふふ・・・今回の食事はちょっとスゴいのだ!
 マルタイの棒ラーメンの具にはキャベツとハムを使い,生卵を落として最後に刻みネギをのせる。食材を持参するのは少し躊躇するが山でこれは贅沢!嬉しくて写真を撮る前に卵を崩してしまった・・・もう1食分あるので写真はこの次に載せます。(笑)
 その後持参のウイスキーに切り替えてしばらく談笑していたが,軽い疲労感とほろ酔い加減が眠気を誘い,お昼寝タイム・・・

 赤岳頂上小屋で案内された寝床は,通常は2名くらいのスペースなのだろうか敷布団2枚が敷いてあり,そこに3人がシュラフで寝るといった格好だ。夕方が近づくにつれ一人またひとりと増えてゆき,当然のように満杯になってしまった。一部屋に24人が寝ることになる。7月の南アルプスに続き,またしてもZEN兄いと寝返りも打てないほどくっついて寝るのだ。しかも山ボーイKに挟まれて川の字の真ん中だ(笑)

 外が暗くなる前に目を覚まして外を覗いてみるが,夕日を期待できる天候ではない。自炊場に行って夕食を食べた。じい様と40歳くらいの女性が隣にいて親子なのだそうだ!微笑ましいかも。ウイスキーを飲みながらじい様と北アルプスの話で盛り上がってしまった。山ボーイKは北アの経験が少ないため口数も少ない?(汗)
 そして8:30消灯。

 夜中に暑くて目を覚ました。暖房の効きすぎなのか24人もいるからなのか室内温が異常に高い。Tシャツ1枚になって寝なおす。ところが今度は頭痛でよく眠れない。アルコールを飲みすぎたせい?朝になって他の二人にも聞いてみた。実は3人そろって頭痛に悩まされたのだった。原因は酸欠によるものと思われる・・・
 ハイシーズンの山小屋なんか絶対に二度と泊まるものか! ぺっぺっ!!
(※山小屋とそれを管理する皆さんには感謝していますので誤解のないように・・・)


<2日目へと続く・・・>

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。