FC2ブログ

denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

阿弥陀岳南稜~中央稜(本編その3)

2018年6月9日(土) ソロ日帰り
舟山十字路~南稜~阿弥陀岳~中央稜~舟山十字路

今日は上半身の筋トレをしました。
これからTシャツの季節だからね!
オッサンが少しでも見栄えをよくするためには努力が必要です。(^^;
では中央稜を下る”その3”です。

左が南稜,右が御小屋尾根,真ん中の小さな尾根が中央稜
IMG_2197_G7X_G7X2.jpg
 

阿弥陀岳山頂から御小屋尾根方面に向かっていくと,すぐに摩利支天が立ちはだかる!
だけど甲斐駒の摩利支天に比べると可愛いもんだ。(^^;

摩利支天
IMG_2190_G7X_G7X2.jpg

ウェブでこの岩峰の上に立った記念写真をよく見るけど,ソロなので撮ってもらえない・・・(T_T)

摩利支天へはこのハシゴを使います。
IMG_2191_G7X_G7X2.jpg

摩利支天を越えて少し先へ行くと道しるべが立っている。
ここで中央稜と御小屋尾根とが道を分けるんだけど,その角度が絶妙で笑える。

立ち入り危険(中央稜)方面に向かう。
IMG_2192_G7X_G7X2.jpg

中央稜に踏み入るとハイマツ帯にしっかりと道がつけられている。
IMG_2193_G7X_G7X2_2018061120441896b.jpg

左右の大きな尾根に比べてめちゃくちゃ小さい中央稜。目的地が同じなのに小さいってことは当然激下りなんである。
IMG_2197_G7X_G7X2.jpg

この中央稜って,道しるべにあった「立ち入り危険」とは思えないんだけど,一カ所だけ注意を要する場所がある。

それはここ! 初めて中央稜を下られる方はしっかりとこの場所を目に焼き付けて欲しい。
IMG_2203_G7X_G7X2.jpg

正規の道は,ここを稜線から外れて左に下らなければならないんだけど・・・
稜線歩きを続けていると普通に通過してしまうんである。
案の定,僕も通過してしまった!(滝汗)
通過後もしばらくは踏み跡がある(かえって始末が悪い)が,やがて消えてしまう。
あれ?道を間違えたと思って,いったん引き返すも正規の道が分からない。
やっぱり前に進むのかな~と再び稜線伝いに前に進んでみる・・・
再び行き詰ってしまい,地形図と睨めっこ!
う~ん・・・(-_-)
再度,引き返したところで目印のタオルを発見!

この白いタオルが分岐の目印! 小枝の陰に隠れていたので見逃してしまった!(その後,僕が葉っぱの上に出しておいた)
IMG_2202_G7X_G7X2.jpg

ここを左に下ってから崖の下側をトラバースするのが正しいルートなのだ。

正しき道!
IMG_2206_G7X_G7X2.jpg

ここ!
IMG_2207_G7X_G7X2.jpg

その後はもう迷うところはない。
IMG_2209_G7X_G7X2.jpg

一般道と違ってホントに静かでいい感じ。中央稜を下り始めてから誰とも会わない。
IMG_2211_G7X_G7X2.jpg

さっき迷ったばかりなので,ピンクテープを見つけるとほっとする。(^^;
IMG_2213_G7X_G7X2.jpg

必要以上にルート確認しながら慎重に下っていると,背後からガサゴソっと物音が!
クマかと思ってたまげて振り返ると,僕よりもひと回りくらい年齢が上と思われるオジサンがいるではないか。
中央稜で出会った唯一の人物である。

話を聞くと登山者ではなく,キノコと薬草を採る目的で入山しているとのこと。
もちろん地元の方なので,この辺りの情報にはやたらと詳しい。

・南稜へは広河原沢右俣から青ナギに登る道があって,通常の立場山経由の稜線歩きよりは断然早いこと。
・3月の遭難では,救助隊がそのルートを使っていたこと。
・広河原本谷(右俣)界隈ならなら迷っても何とかなるってこと。(左俣は何とかならない?)
・登山者が通らないルートをたくさん知っていること。
・この辺りは地元では中山と呼ばれていること。
・この辺には熊はほとんど居ないこと。
・ツガの木の下にマツタケが生えること。
などを教えていただいた!

一緒に下りる?と聞かれたので喜んで同行することにした。
すると,早速通常ルートを外れて近道を歩きだした。
すげー貴重な経験なんである!

ところがこのオジサン,年の割に速いのなんのって!
10分ほど後をついて行ったけど,ペースが違い過ぎるので通常の道に出たところで同行を辞退した。
いくらなんでも速すぎるよー。(~_~)

颯爽と下ってゆくキノコ採りのオジサン!
IMG_2218_G7X_G7X2.jpg

そんなペースで歩いていたら写真も撮れないでしょ~!
と,おそらく10歳は年輩と思われるオジサンに着いて行けない言い訳をする。(汗)

つーわけで普通のペースに。やっぱりのんびりのほうが森は楽しめるよー!(^_^)v
IMG_2219_G7X_G7X2.jpg

右俣沿いに出た!
IMG_2221_G7X_G7X2.jpg

四区境界の大木
IMG_2222_G7X_G7X2.jpg

白樺もきれいだねー。
IMG_2225_G7X_G7X2.jpg

む! 見事なまでな通せんぼ!
IMG_2230_G7X_G7X2.jpg

シダ類の群生もきれい。
IMG_2233_G7X_G7X2.jpg

林道に出た,ゴールも近いか?
IMG_2234_G7X_G7X2.jpg

林道沿いにも花がたくさん咲いていて・・・
IMG_2236_G7X_G7X2.jpg

名残惜しみながら歩いてゆく。
IMG_2237_G7X_G7X2.jpg

IMG_2238_G7X_G7X2.jpg

IMG_2239_G7X_G7X2.jpg

カラマツの新緑もサイコー!
IMG_2240_G7X_G7X2.jpg

この辺りを歩いていると何やらにぎやかな鳴き声が!
IMG_2243_G7X_G7X2.jpg

この鳴き声って何?カエル?鳥?セミ?それらのミックス?
[広告 ] VPS

とにかく,中央稜も南稜に劣らず自然がたくさん残されていて良いコースだった!(^_-)-☆

舟山十字路に到着!
IMG_2249_G7X_G7X2.jpg

舟山十字路に到着するとオドロキの事件が待っていた!

なんと,えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱのhiroさんと,えれぇこった2号kakaの珍道中♪のkakaさんの車が!
IMG_2253_G7X_G7X23.jpg

白のスペースギアに”HiroMountainPlanning”のステッカー!
これは僕より2歳年上のオッサン,cloud nineのかっちゃんがデザインしたものだ。(^^;

HiroMountainPlanning カッコいいね!
IMG_2254_G7X_G7X22.jpg

僕の車とツーショット!
IMG_2252_G7X_G7X23.jpg

こんなニアミスってすごい!
ブログつながり何度もメッセージをやり取りしてるけど,実際にお会いしたことは一度もない。
待ってれば下りてくるかな~?

冷静に考えてみれば,僕が今朝ここを出発したときhiroさん&kakaさんの車は無かったから,僕の後に出発したとして・・・
彼らの行動パターンからして稜線のどこかでテン泊して,盛大な宴を行う可能性が大なんである!
でも,せっかくのニアミスなので紙切れに書いたメッセージ窓に挟んでおいた。
どうか気付いてくれますように・・・

阿弥陀岳南稜,日帰りだったけどスゲー楽しかったよー!(T_T)
もう一回行きたい~!

おわり・・・



8 Comments

mont-denden says..."Re: タイトルなし"
hiroさん今晩は!

なるほど~,広河原沢右俣からのルートはアイスクライミングの定番ルートなんですね!
調べていたら沢登りも盛ん?とは言わないまでも結構出てきます。
山の知識についての懐の深さでは,よそ者はジモピーのオジサンには到底敵いませんね~!(^^;

高島トレイルは正直いつになるか自信がないんですけど,年末の八ヶ岳とかでお会いできるとうれしいです!(^_-)-☆

kakaさんから聞いてますが,地震で怪我とかなくて本当に良かったです!
余震に気をつけて!

2018.06.18 21:39 | URL | #- [edit]
bp-hiro says...""
阿弥陀から中央稜で降りるのは早くて良いですね~
きのこの地元のおじさん、やはりジモピーさんは早いですねぇ~
広河原沢右俣からのルートはアイスクライミングの定番ルートなんですよぉ!
ただ、僕らは雪が付いてないと藪だらけで稜線に出るのが大変!
って認識だったけど、無雪期でも稜線に普通に上がれるんですねぇ~
また、どこかのお山でご一緒しましょうね~(^_-)-☆
高島トレイルに来る時はお知らせ下さいね!
途中の峠で合流出来るように調整しますから~
2018.06.18 21:17 | URL | #- [edit]
mont-denden says..."Re: タイトルなし"
中ノ俣さん今晩は!

>筋トレしないと歳とともに胸板が貧相になっていくのが辛い・・・(^^;)
中ノ俣さんがおいくつになるのか存じ上げませんが,僕もそれが分かる年齢だってことが悲しい!(T_T)
阿弥陀岳南稜は体力のあるうちに行ってしまったほうが,より安全だと思います!(^^)!

オオムラサキ観察,楽しそうですね!
子育てしてるときは,クワガタを採りに行ったりメダカやドジョウを捕まえてきて水槽で飼ってみたり。
今はまったく娘たちの相手になりませんので,僕も自然観察やってみようかな~(^^;
 

2018.06.17 22:37 | URL | #- [edit]
中ノ俣 says...""
筋トレしないと歳とともに胸板が貧相になっていくのが辛い・・・(^^;)

阿弥陀岳南稜、中央稜、いいですねー!!
3編、最初から最後まで2回拝読しました。
細部にわたる危険個所とか分岐点とかとても参考になりました。
「お前もテント担いで行ってこい!」と言われてるようです。
いつになるか分りませんが、是非行ってみたいですね。
その時が来たらもう一度復習させて頂きます。(^o^)
2018.06.17 22:10 | URL | #Y2kgqtPU [edit]
mont-denden says..."Re: タイトルなし"
kakaさん,こんにちは!

キノコのオジサン,すごいなんてもんじゃないですよ!
自分でも足への負担を確認しながら歩いているって言ってたけど,道を外れたらトレランの人だって,ついて行けなかも。(^^;

かっちゃんさんより「山より宴」のステッカーをいただけることになったので,これからはソロの時でも宴をやらなけれななりませんね~(~_~)
次回行くときは青ナギ手前のテン泊で!
2018.06.16 11:43 | URL | #- [edit]
えれぇこった2号 says...""
dendenさん

おはようございます♪
中央稜からの降り、見てるたら今度降りは中央稜で。。。って(#^.^#)
キノコと薬草のおじさん、そんなに歩くの早かったんですね!
地元の方って、ショートカットルートをいっぱいご存知なんですね。
ご一緒して見たいって思うけど、何時もより数倍遅いスピードで歩いて貰わないと無理みたいですね(^^;;
まさかの同じ日に阿弥陀南陵を歩いていたとは(^^;;
>彼らの行動パターンからして稜線のどこかでテン泊して,盛大な宴を行う可能性が大なんである!
おっしゃる通り、まったり宴を青ガレ手前で楽しんでました!
2018.06.16 08:56 | URL | #- [edit]
mont-denden says...""
かっちゃんさん今晩は!

やったー!
「山より宴」のステッカーお待ちしております!
関東で増殖させる役割の一端を僕が担いますよー!(^_-)-☆
ホントに嬉しい,嬉しいです!
ありがとうございま~す!!! (^_-)-☆(^_-)-☆(^_-)-☆

※頂いたコメントはメアドとかあるので公開しません。
 
2018.06.15 22:51 | URL | #- [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2018.06.15 22:11 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。