denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

トランゴ TRK GTX

日帰りや冬以外の小屋泊用に購入してみた!
初めてのスポルティバだ。

LA SPORTIVA TRANGO TRK GTX

 

メーカーサイトから引用
次元を超えた高性能
ハイキングやバックパッキングに最適な超軽量マウンテンブーツです。 新テクノロジー「サーモテックアプリケーション」により、薄く軽量で防水性と保護力に富むアッパーが完成。通気性と防水性に優れるゴアテックスを内蔵し、自由度を損なうことなく足首を保護する「3Dフレックス」システムを採用しました。

バックパッキングに最適とか書いてあるけど、テント装備だとソールもアッパーも柔らかくてたぶんダメな気がする。
まあ、日帰り&小屋泊用と割り切って使えば足元が軽快で楽ちんだろう。

ところで、なぜこれを買ったのか説明すると・・・
僕が持っている靴の中で、ローカットを除いて一番軽量なのがコレだった。↓

AKU VERTIGO GTX


AKUなので当然ICI石井スポーツで勧められて買ったんだけど、コレが結構履き易くて活躍してきた。
ソールもアッパーも適度な硬さがあって、20kg程度のテント装備でもなんとか使える。

前回、三伏峠~赤石岳~聖岳~椹島を歩いたときのことである。
3泊4日テント泊縦走なら、普段はガルモントのもう少し硬いヤツで歩くんだけど、今回は岩稜帯よりも樹林帯が多いし、軽いからという理由でこれを選択してしまった。

ところが、初日から靴の中に浸水が発生!
最初は、レインウェアを伝わった雨が足首のあたりから入ったのかな???
なんて思っていたら、つま先まで濡れを感じるようになった。
しかも両足とも!
高山裏避難小屋でテントを張ったときは、ソックスは完全にビショビショ状態に・・・

これは困った、初日から大変なトラブルを抱えてしまった。
え~っと、持参した予備のソックスは山用のものが一足、温泉後に履き替える普通のソックスが一足だ。
これをうまく使わないと、いろいろヤバイことになるな。

2日目は雨で濡れた樹林帯からスタートするため、どうせまた浸水してくるだろう。
よって、初日に使ったソックスをまた履くことにした。
濡れたソックスを履きなおすのは気持ち悪いよ~(T_T)

予想どおり、登山道にはみ出した枝や葉っぱの水滴がレインウェアを濡らす。
水はレインウェアから靴に伝わり徐々に内部に染み出してくる。
しまいには歩くたびにグチャグチャと音がする始末だ。(-_-;)

2日目の宿である百間洞山の家に到着後、恐る恐る靴を脱いでみれば・・・
湯気とともに、何とも言えない良い香りが漂ってくるではないか!(~_~)
2日間、密閉された中でムレムレ状態マックスだったので当然だ。

このソックスはもう山行中は使えない。
山の家の横を流れる沢で水洗いし、固く絞ってジップロックに入れて密封した。
そして、足は除菌アルコールティッシュで隅々までフキフキした。

明日と明後日が晴れならば、もう一足ある渇いた山用ソックスで乗り切れるだろう。
しかし雨ならどうする!?
ずっとグチャグチャムレムレ状態で歩かなければならない。
そうなると、ニオイもキョーレツになるに違いない!
帰りの新幹線の中で他の乗客に迷惑をかけないようにするにはどうしたらいいのか。
靴をビニール袋に入れてザックにしまい、サンダルで帰る手もある。
最悪のことを考えていろいろ悩まされた・・・

幸いにして3日目は晴れた!
新しいソックスは厚手なものだったので、靴の水分が通り抜けて不快になることはなかった。
ソックスが適度に靴の水分を吸い上げて蒸発させてくれるような気がする。
夕方は土砂降りとなったが既に僕はテントの中、半分渇いた靴はフライシートの下で無事だった。

4日目も、多少の朝露で靴が濡れたが、中まで浸水することはなく、なんとかセーフ!
無事椹島に着いて、シャワーを浴びて帰路用の普通の靴下に履き替えた。

だが、4日間、湿った靴の中で増殖したニオイ菌は簡単にやっつけられるものではない。
静岡駅に向かうバスの中では靴を脱いで解放感に浸ることはできなかったし、ニオイの拡散を防ぐため、靴を覆うズボンの裾が上にズレないよう気を遣った。
静岡~東京の新幹線も不安だったが、幸いにして隣の座席は空席だった。

とまあ、えらい目に遭ったけど何とか切り抜けることができた。
ところで、この浸水の原因がよく分からないんだよな~
そもそも、この靴で最後に本降りの雨の中を歩いたのはいつのことだったのか。
恐らく徐々にゴアテックスのつなぎ目が弱っていき、それに気付かずに今回の山行で使用。
→いきなり重い荷物と本降りの雨。
→一気に浸水へ!
って感じなのかな~?

長いこと使い込んで愛着が無いわけでもないが、浸水する靴なんてもう使えない!
家に帰ってすぐに処分した。

と長々と説明をしてきたが、要するに日帰り&小屋泊用の靴が無くなったので代わりに買ったんである。

ついでにスーパーフィートのブルーも一緒に買ってみた。
G7_IMG_6932.jpg

グリーンも持ってるけど、偏平足の僕には土踏まずのアーチがきつすぎて加工して使ってる。
このブルーは、そこまできつくないからちょうどいいかも。
ただ、グリーンに比べるとヒールカップが浅いのが気になる。
冬靴用のレッドも持ってるけど、ブルーが一番立体感のない形状だね。
まあ使ってみよう!

いろいろ書いていたら、タイトルとはあまり関係のない話がメインになってしまった気もする。
今回の教訓!
「ゴアテックスだからといって油断してはいけない!」
で良かったかな~(^^;
 

4 Comments

mont-denden says..."Re: タイトルなし"
hiroさん、今晩は!

ガーニーグーですか!
情報ありがとうございます。
安いし持っていると使えそうですね!

今回、靴擦れはしなかったんですがニオイがとっても気になりました・・・(^^;
パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-PERFECT-PORTION-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC125ml/dp/B002BGHVT4
を持っていたので靴にシュッとやっても、効果はそのとき限りでダメでした。

車利用の山行ならまったく気にしないのですが、公共交通機関利用のときはさすがに気になりますね。(^^;
 
2017.08.27 22:53 | URL | #- [edit]
mont-denden says..."Re: タイトルなし"
kakaさん、今晩は!

予備の靴下を持っていたのが幸いでした。(2泊3日なら持っていかない)
僕的には、まさに「えれぇこった!」でしたよ。(^^;

2017.08.27 22:35 | URL | #- [edit]
bp-hiro says...""
TJAR完走トレランマン等に聞くところによると..........
ガーニーグーを塗っておくと、グチュグチュに濡れたソックス&スニーカーでも靴擦れしなかったようですよ!
2017.08.27 00:10 | URL | #- [edit]
えれぇこった2号 says...""
dendenさん

こんばんわ♪
三伏峠~赤石岳~聖岳~椹島の縦走の時、靴がそんな事になってたなんて知りませんでした!!
靴の予備なんて普通持って行かないですものね!!
新しい靴楽しみですね。
2017.08.26 19:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。