denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

2017夏縦走(その2) 高山裏避難小屋~百間洞山の家

<2日目> 2017年7月30日

昨日は、縦走初日なのに雨の中を10時間も歩いて本当に疲れた。
ウイスキー・オンザロックによって寝つきはよかったものの・・・
夜通しザーザー雨に見舞われ、フライを叩く雨粒の音で何度も目が覚めた。
まだ降り続いている暗い朝4時、起き出してテントを撤収する気にはなれない。
もうちょっとシュラフの中に居たい・・・

そんな葛藤にも容赦なく5時になった、もう限界だ! 
濡れを覚悟でテントを畳むと意を決す。
朝食のカップヌードルをすすっていると、幸いにして小降りになってきた。
そして出発時には完全にやんでくれた。
5:40 テントを撤収して2日目スタート!

森の中から始まる2日目


登山道に出っ張った樹々の枝には水滴がたっぷりだ。
いくら雨がやんだとはいえ、レインウェアを着ないことにはパンツがボシャボシャになってしまうのだ。

水を大量に蓄えた新緑の葉っぱ
IMG_0556.jpg

枝の露をトレッキングポールで叩き落としながら進んでゆく。
高山裏避難小屋から荒川前岳への道は、稜線東側のトラバースが続く。

東を望むと、なんだか晴れそうな予感が♪
IMG_0560.jpg

濡れた森の中なので葉っぱを撮ろう!これはトゲトゲの葉っぱ
IMG_0568.jpg

シダ類の葉っぱ
IMG_0569.jpg

東の空を見上げれば青空が! あのガスがどっかへ行っちゃえばいいんである。
IMG_0573.jpg

なんとかキンバイ?
IMG_0578.jpg

森の中を延々と歩いてきたがやがて森林限界に達し、今度はガレ場の登りになった。
IMG_0581.jpg

目指す荒川前岳はどれだ?
IMG_0583.jpg

ガレ場の急坂を稜線まで登り詰めると、稜線の西側は大崩壊!
見るからに恐ろしい崩れっぷりである。

振り返ると大崩壊
IMG_0594.jpg

前を見ても大崩壊、ほーかいほーかい♪
IMG_0597.jpg

そう、これが地形図とかに書いてある「荒川大崩壊地」だった。

西側が崩れまくった稜線を詰めていくと、おぉ!
IMG_0608.jpg

9:25 荒川前岳(3068m)に到着!
ここまで4時間弱の行程だったが、何となく気が重い。(汗)

その理由を説明しよう。
本日の出発地である高山裏避難小屋から少し下ったあたりの標高は2370mほどだ。
すると、ここまで来るのに約700mもの標高を稼いだことになる。
計画段階では、こんなに標高差があるなんて想像もしていなかったのだ。
さすがは南アルプス、恐るべし!
そして、この先の荒川前岳~赤石岳間は以前にも歩いたことがあるので、どんなコースか知っている。
そう、これから約450m下って赤石岳までの約500mの登り返しが待っているんである。(大汗)

まだまだ序章の荒川前岳
IMG_0609.jpg

荒川前岳から東を望むと、当然だが荒川中岳がある。
でも、前にも登ったことがあるので、ここはパァース!
よって、中腹に見える道しるべを右に下るのだ。

荒川中岳(3083m)IMG_0612.jpg

イワベンケイ
IMG_0619.jpg

ピンクの花・・・
IMG_0620.jpg

荒川中岳と前高が造るカール地形IMG_0622.jpg

ここには、広大なお花畑が広がっているのだ♪
IMG_0623.jpg

初めてここを訪れたときは、本当にたまげました!
こんなにすごいお花畑は見たことがなかった。

久しぶりに訪れた、シナノキンバイとハクサンイチゲのスーパーウルトラお花畑!
IMG_0627.jpg

お花畑を過ぎて間もなく、灌木帯に囲まれた荒川小屋が見えてくる。
もっと平らな場所にあったような気もするが、人の記憶とはあいまいなものだ・・・

荒川小屋と、バックには赤石岳へと続く稜線
IMG_0640.jpg

10:45 荒川小屋に到着!
おーし取りあえず下りきった、休憩しよう。

ところが、アブが恐ろしく多い!
ザックを降ろしてお菓子を食べようするなり、おびただしい数のアブが攻撃してくる!
たまらず、虫よけネットで防護対策をする僕。
(前回行った飯豊山で学習したmont-denden)

このっ、あぶ川小屋!!
IMG_0643.jpg

あぶ川小屋を出ると再び森林限界となり、雪渓が残るアルペン的な雰囲気に。
IMG_0649.jpg

11:45 大聖寺平 ここで縦走コースを左に分ければエスケープルートになる?
IMG_0650.jpg

小赤石岳を目指して急坂を登り続ける。
IMG_0657.jpg

13:10 小赤石岳(3081m)に到着! 景色はダメだった、アウト~!
IMG_0661.jpg

イワギキョウ?
IMG_0662.jpg

小赤石岳~赤石岳へ続く稜線 晴れていれば最高なのに~(-_-;)
IMG_0664.jpg

13:40 南アルプスの盟主、赤石岳に到着した!

中学生になると社会科で赤石山脈の名は習うが、ここを訪れる人はほんの一握りなのだ。
IMG_0666.jpg

赤石岳山頂の直下には「赤石岳避難小屋」がある。
以前ここに来たときに、雪渓の雪で冷やした冷たいビールやフルーツプリンを食べてとても感動した!
ちょっと寄っていこう♪

なぜか懐かしい赤石岳避難小屋
IMG_0669.jpg

ここの管理人の榎田さんは、独特の風貌がカッコいい山オヤジだ。
会えるかな?

居た!
僕:百間洞までは2時間くらいですか?
榎:2時間くらいだよ、急がねーとトンカツ食えねーぞ!4時を1秒でも過ぎたら作ってくれねーからなー!

ちなみにこのときの時刻は13:45、彼の手には何故か缶ビールが・・・
いいのかソレ?管理人として!(^^;

赤石岳を過ぎるとガレ場が続く道となる。
IMG_0672.jpg

トンカツを食うため急ぎ足で百間洞山の家に向かっていたが、間もなく雨が降ってきた。
レインウェアを着る時間が、ものすごいロスタイムに感じる。
(トンカツを食えるかどうかが賭かかっているため)
こうなると、絶対にトンカツを食べなければならない!
という強迫観念に駆られてくる・・・(^^;

そんなことを考えながら歩いていると、ガレ場で単独行の女性に追いついた。
自然と発してしまったかもしれない「道ゆずれオーラ」を感じたのだろうか、お先にどうぞと道を譲ってくれた。
そのとき僕は、「トンカツが食べられなくなるのでスミマセン」
というような訳の分からない挨拶をして彼女をパスした。(^^;
(この女性とは、翌日、聖平のテン場でワイワイやることになる)

雨が降っていたので写真に収めることはできなかったが、百閒平と言われる場所で雷鳥の親子に遭遇した。
雨だと雷鳥に会えるというけど本当だ!(そういえば昨日も雨で雷鳥に会えた。)

百閒平からの下りは長く、その日の終わりの行程としては易しくなかった。
もういいよ、やめてよ!っていうくらい下りが長かった。

そしてようやく見えた山の家!(手前はテン場)
IMG_0674.jpg


15:30 百間洞(ひゃっけんぼら)山の家に到着! トンカツ間に合ったー!!!
IMG_0677.jpg

百間洞山の家は、避難小屋とは一線を画したしっかりとした山小屋だった。
今宵の宿泊費を支払って領収証を確認してみれば「市営」とある。
でも、その下に「特種東海フォレスト観光チーム」とあるから、指定管理者として運営しているのだろう。

ところで、なぜこの2日目は小屋泊かというと・・・
南アルプス南部の事情を知っている人はご存知だが、この山域を歩く場合どこかの小屋で最低1泊しないと、椹島へ下山したときに、畑薙第一ダムまでの送迎バスが利用できないのである。
(面倒くさいので理由は割愛。知らない人は自分で調べてね。)

お約束のスーパードライ!(^O^)/
IMG_0678.jpg

というわけで、無事トンカツにありつくことができた!
DSC_0046.jpg 
夕食のテーブルを囲んだのは、山岳警備隊の方2名と単独行の女性。(追い越した女性とは別の方)
この女性、荒川三山を越えての縦走とのこと。
入山口は異なるが、僕と同じく東京竹橋から毎日あるぺん号に乗ってやってきたそうである。
単独行でこのルートの縦走かあ、女性パワーすごいなあ・・・

トンカツのお味は、正直な感想として下界の有名店とかに遠く及ばない。
でも、スマホの電波が届かないような山奥で、こんなスゲーのが食べられるなんて素晴らしいじゃないか!

そんなトンカツを食べ終わって退席するとき、ふと後を振り返ると、ひとり牛丼を食べている女性がいた!
そう、赤石岳からの下りのガレ場でパスした女性だった。
牛丼を食べる彼女を見て、「ああ言葉足らずだった。午後4時までに入らないと食べられないよ。」と言ってあげればよかったと後悔した。(~_~)

その後は割り振られた自分の寝室に戻り、山専ボトルの中のまだ融けないロックアイスを確認して、ウイスキー・オンザロックを楽しんだ。
DSC_0048.jpg

同じ部屋には、東京目黒から来たという男性が居て、まだ山を始めて間もないらしく僕の中途半端な経験談をまじまじと聞いてくれ、うれしかった。

だが、明日の行程も長いぜ!
早く寝よう!

オヤスミ・・・





4 Comments

mont-denden says..."Re: タイトルなし"
中山さん、初めまして!
コメントありがとうございます。

三伏峠から赤石岳を歩きましたか!(^^♪
三伏峠から荒川前岳間を歩く人なんて極少数なんで、なんだか親近感を覚えますよ~!

百間洞山の家はともかく、その続きの兎岳前後からの景観は南アルプス南部の展望台として最高だと思います!
ぜひ、訪れてみてください!

お盆休みで出かけるため、続きの投稿は遅れる予定ですが、また遊びに来てくださいね!(^_-)-☆

2017.08.10 23:11 | URL | #- [edit]
おたふく says...""
初めまして、中山 亨と申します。
えれぇこったtotoさん、kakaさんには、公私共にお世話になっている、者です。
今回の、南アルプス縦走の記事、大変懐かしく、8年前お友達二人で、三伏峠から赤石岳、小渋川下山で、二泊三日縦走しました。
荒川のがれ場、赤石岳避難小屋の榎田仙人さん、懐かしいです。
トンカツの一件には、笑えましたね^ ^
僕は、赤石岳から南には、行ってませんので、聖岳は、行きましたが、百間洞山の家は興味あります。
また何時か、一緒に山行きが出来たら、良いですね!
次の行程記事、楽しみです^ ^
2017.08.10 09:00 | URL | #mQop/nM. [edit]
mont-denden says..."Re: タイトルなし"
kakaさん、今晩は!

まだ荒川三山に行ってないとのこと、了解です。
それなら、初日は椹島を起点に千枚小屋まで歩いてテン泊。
翌日は荒川三山と赤石岳をやっつけて百間洞でトンカツを食べる。
3日目に聖岳に登って聖平にテン泊。
4日目は椹島に戻ってシャワーを浴びてから生ビール!
というコースが一般的ですよ!(^_-)-☆
二泊なら2日目に赤石岳避難小屋か、赤石小屋に泊まって椹島に下るかな?
ぜひ歩いてみてください!

スマホで撮ったトンカツの写真、この投稿に追加しました!(^^♪
2017.08.09 22:12 | URL | #- [edit]
えれぇこった2号 says...""
dendenさん

おはようございます♪
dendenさんのblog読みながら、totoちゃんと荒川三山に私が行ってないので行かないとなぁ〜って!!
百間洞のトンカツ無事に食べれたよかっですね。
女性に道を譲ってもらった時「トンカツ食べれなくなるのですみません」って読んだときはtotoちゃんと一緒に大爆笑でした!!
南アルプスって、嫌になるくらい長い降りだったり、登りだったらって多いですよね!!
2017.08.09 09:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。