denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

梅雨の晴れ間の平ヶ岳(後編)

Jun. 11 2016 ソロ 日帰り

カエルの鳴き声を聞きながら食べたおにぎりは最高においしかった。
ここでゆっくりしていると、もう平ヶ岳なんか行かなくてもいいと思えてくるとても危険な場所だった。

池ノ岳から望む平ヶ岳
DSCF3784.jpg
 

いつまでもゆっくりしていると本当にビバークする羽目になるので出発した。
木道を歩いていくと、すぐに玉子石への分岐になる。
玉子石については後述。

玉子石への分岐(右へ行くと玉子石)
DSCF3786.jpg

普通なら分岐を直進して、先に目的地である平ヶ岳を目指す。
でも、おにぎりを食べたときに水を大量に飲んでしまい、残り少なくなった。
水場は玉子石方面にあるので、平ヶ岳を先にした場合は水が足りなくなるかもしれない。
ここは、水場→玉子石→平ヶ岳の順で回ることにする。

水場は、雪渓からの雪どけ水から来ているので冷たくて大変おいしかった。
プラティパスにポカリの粉末を入れて復路の水分も確保する。

水を確保した後は雪渓をトラバースして玉子石に向かう。
DSCF3787.jpg

ここは雲上の楽園だ、木道以外は全て自然が作った風景だ。

DSCF3789.jpg

平成27年度に施工された新しい木道

DSCF3790.jpg

あの物体は何だ?!
DSCF3791.jpg

そう、これが玉子石なんである。
絶妙なバランスで立っている奇石だ。
風化しているので近寄らないよう注意喚起する看板があった。
確かに、ドロップキックをお見舞いすれば倒れるかもしれない。

玉子石全景
DSCF3793.jpg

時間がないので、玉子石を見たらさっさと引き返す。
DSCF3797.jpg

再び水場に戻り、そこから一度下って平ヶ岳を目指す。

平ヶ岳の山頂が近い。
DSCF3799.jpg

12:15 平ヶ岳三角点を指す標柱までやってきた。
DSCF3804.jpg

奥へ進むと、展望のない場所に三角点と「平ヶ岳2141m」の標柱があった。
ここが山頂なのだろうか。

三角点
DSCF3802.jpg

先ほどの三角点から、さらに木道が南西に延びている。
しかもそっちのほうが三角点よりも標高が高い気がする。
昭文社の山と高原地図で確認すると三角点は2139.6mだが、最高点は2141mとなっていた。
やはり三角点のある場所が頂上とは限らないのだ。

最高点へ向かう。
DSCF3805.jpg

とうとう木道の終点までたどり着いた。
このあたりが最高点だと思う。
行き止まりから先はおそらく群馬県だ。

この先は通行止めなのに、踏み跡があるのはどういうことだ。
DSCF3808.jpg

行き止まり地点には、頂上はなぜ広くて平らかなのか、説明してくれる看板が立ててあった。

平らな土地が隆起したそうだ。本当だろうか。
DSCF3806.jpg

越後三山方面
DSCF3809.jpg

左から八海山、中ノ岳、越後駒ケ岳だ。他にも巻機山や荒沢岳が見えた。
DSCF3810.jpg

これは一体何だろう? アンテナのようにも見えるが正体不明。
DSCF3814.jpg

レーザー光線が出ているらしい。日米通算最多安打記録を達成したイチローのレーザービームを思い出した。
DSCF3813.jpg

再び三角点の入り口まで戻ってきた。
ビバークとなっては面倒だ、さっさと帰ろう。

12:30 復路スタート!
DSCF3816.jpg

燧ケ岳はいつも見えていた。
DSCF3817.jpg

これはワタスゲ? ちょっときったない気もするけど・・・
DSCF3819.jpg

平ヶ岳から望む池ノ岳
DSCF3820.jpg

これはチングルマだと思うが、似ているやつが多いため記憶を信用できない。
DSCF3821.jpg

ショウジョウバカマで合ってる?
DSCF3824.jpg

12:55 再びカエルの鳴く池ノ岳の池塘に戻ってきた。
この大きな池塘は「姫ノ池」というらしい。
この道中、この場所が一番感動的だった。
トイレさえ整備されていればテント泊をしてみたいと思った。

カエルはまだ鳴き続けている。
DSCF3828.jpg

池ノ岳から急坂を下る。
DSCF3829.jpg

タテヤマリンドウ??
DSCF3831.jpg

ピークの左側にわずかに雪渓が確認できる。おそらくあれが会津駒ケ岳だろう。
DSCF3833.jpg

こんな胃腸のような樹形になったメカニズムは、おそらく豪雪によるものだ。
DSCF3837.jpg

延々と歩き続けて…

16:10 登山口に到着!
DSCF3841.jpg

いやあ、とにかく下りも長かった。
特に最後の急な下りにはうんざりした。
スマホの万歩計を確認すると、山道なのに43,000歩を記録していた。
これほどの長い日帰りは、山を始めたばかりの頃、湯元からピストンした日光白根山以来だと思う。
下山して湯元温泉につかると足がプルプル震えたのを覚えている。
でも今回は万全の態勢で挑んだのでプルプルしなかった。(^_-)-☆

日帰り最悪の百名山とか言われているけど、登ってみればとてもきれいな景色が待っているし、深田久弥さんがこの山を百名山のひとつに数えた理由はよく分かる。
だけど52歳の誕生日に登った僕が言う、体力に自信のあるうちにやっつけてしまったほうがいいよ!(*^^)v

4 Comments

mont-denden says..."Re: タイトルなし"
2号kakaさん、こんにちは、毎度!

雲ノ平まで広くはないですけど、気持の良い山でした!
もし奥只見に旅行する機会があったら、ついでに登っちゃってください。(^_-)-☆

2016.06.18 11:23 | URL | #- [edit]
mont-denden says..."Re: (^_^)/"
hiroさん、こんにちは!

ありがとうございます。
だんだん体力を維持するのが大変になってきます。(^^;

仰るとおりこのエリアにも良い山がたくさんありますね!
hiroさんの場合あと70年は生きるから、遠くても訪れる機会はまだまだありますね。(^_-)-☆

2016.06.18 11:15 | URL | #- [edit]
えれぇこった2号 says...""
素敵なところですね!!
雲の平の様な感じの所だなぁって見てました!
百名山って言われるだけあって美しいですね。
一度死ぬまでに行けたら良いなぁ
2016.06.17 22:01 | URL | #- [edit]
bp-hiro says..."(^_^)/"
dendenさん

誕生日だったんですね!
まずはおめでとうございます<(_ _)>

大阪から遠いのでこのエリアはほとんど知らないんですよね.....................
でも、群馬、福島、新潟等良い山一杯ありますよね~

2016.06.17 20:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。