denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

2016年初登りは燕岳へ~前夜祭編

 燕山荘の冬季営業のお世話になり、正月休みは念願だった燕岳へ登ってきた。
 12月30日夜、竹橋発の冬季登山バス「毎日あるぺん号」に揺られて信州へ🎵
 予定どおり31日朝6時少し前に冬季登山口(宮城ゲート前)に到着。
 寒さや積雪の様子も未知なので、取りあえずハードシェル+ゲイターまで身支度して出発!

6:10 宮城ゲート まだ真っ暗のうちにスタート。
DSCF2986.jpg

 
 夏ならバスやタクシーで中房温泉まで行けるが、冬季はここから約12kmの道のりを歩かなければならない。ゲートを出発してしばらくは雪が無かったけど、しばらく歩くと雪の道に。暖冬で雪不足なだけに少しほっとする(^^)

7:40 最初に出てきたトンネル(玉垂トンネル)
DSCF3004.jpg

この辺りの標高は1000mちょっと。さすがに気温が低いようだ。
DSCF3013.jpg

随所にこんな看板がある。
DSCF3017.jpg

立派なつらら
DSCF3022.jpg

この距離標が細かく設置されていて、自分の居る位置がわかるので大変ありがたい。
DSCF3023.jpg

こんなところに民家?と思いきや発電所だった。
DSCF3024.jpg

 あたりまえだけど無雪期は車の通る道なので、ずっと緩やかな登りが続いて飽きてしまうかも。(^^;

木々に積雪はなく少し寂しい景色
DSCF3031.jpg

この標識もたくさんあった。DSCF3033.jpg

有明荘は休業中
DSCF3042.jpg

10:20 おなじみの燕岳登山口に到着。宮城ゲートから普通に歩いて4時間10分ほど。
DSCF3047.jpg

登山口周辺の様子。テントが多い。雪はほぼ無し。
DSCF3048.jpg

登山口からさらに奥へ進むと今夜(大みそか)の宿泊地、中房温泉に到着!
DSCF3049.jpg

 受付しても、まだ部屋の準備ができておらず案内できないそうだ。
 なので、取りあえずご褒美の1本!喉にシュワシュワーっと、うまーい!(^^)/
 
 今日の宿泊客は今のところ38人だそう。昨日はなんと150人で大忙しだったとのこと!
 ということは大みそかの今日、燕山荘には150人以上の宿泊者がいるはずだ。
 うーん、1日ずらして正解だったかもしれない。
 
 しばらくくつろいでいると、部屋の準備ができた。

案内された部屋はこちら。二間続きを5人で使っていいそうだ。こたつがうれしい。
DSCF3050.jpg

 部屋にはまだ僕だけだし、やることもない。
 ハードシェルやグローブをハンガーにかけたら、早速、ひとっ風呂浴びてこよう!
 この時間帯は、大浴場、岩風呂とも男女の制限がない(混浴)とか・・・

岩風呂
DSCF3054.jpg

 安心してください。一人でしたよ!(^^;

 風呂上りはご褒美の2本目!喉にシュワシュワー、うまい!!
 ・・・と、同じテーブルでカレーをガツガツとほお張る若者がいた。聞けば、三股から入山し常念山脈を越えてきたそうだ。ソロなのにすごいなー!!

 温泉に入って再び部屋に戻ると、次々に同部屋でお世話になる仲間がやってきた。
 写真が趣味のYさん、冒険好きのSさん、大食漢のHさん、軽快な身のこなしのNさんだ。
 みなさん当然のようにお酒とつまみを出してきて大盛り上がり。山談義に花が咲く! 
 気が付けば僕も芋焼酎350mlとウイスキー約250mlをいってしまった!ちょっと飲みすぎたかも・・・(^^;
 夕方になり食事の案内があったので、階段を下りて食堂へ向かうと・・・

 
mont-denden 滑落!

 階段の下から三段目くらいで、体の移動に足の運びが追い付かず、ドッテーン!ゴロゴロー!!!
 顔面を思い切り床に打ち付けて目から火花が出たと思ったら、意識もうろう~(+_+)
 正気に戻ったときは、顔面右から出血するとともに、両ずねも裂傷、左ひざも打撲していた。さらに左手も痺れている。
 いったい何てこったー!! だが後悔しても遅い!
 同部屋の方々に厚く手当していただきました。大変お世話になりました。m(__)m
 
 考えてみれば10:30に到着して、ここまでしこたま飲んでいたのだ。酔っていないはずがないのである。
 自業自得とはこのことだ・・・猛省!

 何とか夕食を食べて部屋に戻り、20:30まで横になって安静にしていた。
 明日の登山は大丈夫なのかと身体をチェックしてみると、痛い箇所はあるものの何とかなりそうだ。
 消灯までもう少し時間がある。復活したので風呂に入ってこよう。
 そして風呂から上がると・・・ 喉が渇いたのでまた1本飲んでしまった!(^^; ←反省してないバカ


滑落現場! いまいましい階段、がるる・・・
DSCF3056.jpg

 今、登山道を含むすべての行程を振り返ってみても、一番の危険箇所はこの階段だった!
 よく見ると最後の三段になって段差と踏み幅が変化するのだ。
 今まで何人がこの階段で遭難したのだろう・・・ 僕だけではないはずだ。(^^; ←オマイだけだ!

 まあ、何とか無事に燕岳にも登り、今こうしてブログを書けているから良かったものの、みなさん飲みすぎには気をつけましょうねー(^-^;


 元旦編に続く・・・

2 Comments

mont-denden says..."Re: タイトルなし"
2号kakaさん、今晩は。
元気になられたようで何よりです!

燕山荘は連泊の方も大勢いらっしゃったようで31日、1日とも150人ほどの宿泊者があったようです。
でも、何とか布団は一人1枚確保できました!

それにしてもまあ、バカなことをしました。
実は帰宅後も手の痺れが治まらず、4日に病院に行ってレントゲンを撮ってもらいました。
結果は頸椎等に異常は見られず、どこか炎症を起こしてる部位が神経を圧迫しているのでは?とのことでした。
12日現在痺れは残っていますが、顔面の炎症も少し残っているようです。(~_~;)
ほぼ復活してますが、家族の手前完全復活はもうしばらく先にしようと思います。(^^;

2016.01.12 22:07 | URL | #- [edit]
えれぇこった2号 says...""
31日の方がどこも空いてたのかしら???
赤岳鉱泉のテント場も31ひからかなり空いてました!!
我が家も今年からは、年末に登って年明けに山三昧にしようかぁ〜って
思いました!!
よく飲みましたね^_−☆
階段で転んでも打撲や擦り傷だけですんで良かったですね!!
かなり酔ってるのに、お風呂って大丈夫なのかしら?と心配に
おまけにお風呂から上がってまた1本なんて。。。迎い酒とは言うけれど
気をつけて下さいね。
2016.01.11 23:01 | URL | #yl2HcnkM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。