denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

プラド君ありがとう!

12年間,20万キロ乗った愛車プラドくんを手放すことに!

DSCF1718-1.jpg

スタッドレスタイヤに履き替えて以降今シーズンの雪道はわずかな活躍だったけど,長らくお世話になった愛車プラドくんとのお別れを決意した。

 きっかけは走行距離が20万キロとなったこと。10万キロで一度タイミングベルトを交換したが,そのとき10万円ほどの出費があった。それからさらに10万キロを走り2回目の交換時期を迎えたからだ。
 果たして,12年間20万キロ以上を乗った車がいくらで下取り査定されるのか?

 ところがさすがにSUVのプラド君,驚きの89万円也!

 この車には家族や山仲間との思い出がたくさん詰まっている。新車が納車されるまでの間,きれいに大切に乗ってやろう・・・
 と,労らいつつ乗っていたのだが突然にエンジントラブル発生!信号待ちしているときにそれは起こった。いきなりアイドリングが500回転以下になって不安定に。アクセルオンですごい振動!エンジンが回らない。これはダメじゃ・・・
 なんとかだましながら,いつもお世話になっているディーラーまで運んだのであった・・・
 車にだって感情があるのかと本気で思ってしまった瞬間である。長年大切に乗ってきたので手放されると分かった途端にすねてしまったのかと・・・

 まず頭をよぎったことは,エンジントラブルだけに下取りがパーになるのでは?ということ。
 幸いにして電気系統のトラブルだったようで部品交換の13,000円で済んだけど,山ノ神(家内)はもうこれ以上乗ることに猛反対!
 走らないプラド君をいつまでも見るのはつらいので意を決す!業者に電話を入れ,本日26日引き取りに来てもらった。

 土曜日に納車予定の新車にはさらに素晴らしい思い出を作ってもらおうと思う。
 12年間もの間,たくさんの思い出をありがとうプラド君!君を忘れない・・・
 さよなら・・・ (マジで悲しい・・・)

 ※新車レポは納車後にアップします。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。