denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

尾瀬 草紅葉と至仏山

 このところソロ山行ばかりだったが,久しぶりに仲間と一緒に尾瀬に行ってきた。
 素晴らしい青空が広がってサイコー!

山行日:2014年10月11日(土)日帰り
ルート:鳩待峠~尾瀬ヶ原周遊~至仏山~鳩待峠
メンバー:Zen,m109,matsu,mont-denden

 本来ならばこの3連休,Zen兄ィ,matsuとともに北アルプスは室堂~仙人池~阿曽原温泉~欅平の2泊3日の山行計画を立て,毎日あるぺん号を予約していたんである。 
 ところが・・・ あろうことか台風19号が発生! 直前になって断念するハメに・・・(泣)

 そのかわり土曜日までなら台風の影響はないだろうと,急きょ日帰りで尾瀬に行くことにしたのだ!
 人生を山にかけるm109さんに「まだ席が空いてるよー。」とメールしてみると「行きたいです!」と即レスが。 さすがだ・・・(笑)

7:15 鳩待峠  錦秋の森の中,Zen兄ィを先頭に出発! 
DSCF1139.jpg

朝の斜光を浴びてダケカンバの黄色が輝く。
DSCF1142.jpg

ピークを過ぎた感があるけど,まだまだきれい!
DSCF1143.jpg

 今日のコースは,尾瀬ヶ原を周遊してから至仏山に登り,鳩待峠に下るというもの。 先に至仏山に登ってしまうと,下りのコース制限の関係でまた鳩待峠まで戻らなくてはならないからだ。
 出発時はダウンジャケットで武装するほど気温が低かったが,太陽が昇るにつれ暑いくらいになった。

 あっという間に山ノ鼻を経て尾瀬ヶ原に出る。 前回ここを訪れたのは6年前の9月下旬で,あのときも草紅葉がきれいだった。

雲ひとつない青空に燧ケ岳がバーン!
DSCF1146.jpg

振り返ると至仏山がドーン! 来てよかった~!!
DSCF1145.jpg

 尾瀬のシンボル燧ケ岳と至仏山。 両者を比べてみると至仏山のほうが標高も緯度も低いのに,森林限界が低く見える。 m109さんのマメ知識によれば,蛇紋岩(至仏山を構成)が植生に影響を与えるからだとのこと。
 ※m109さんは,花や木の名前,地形や季節のことなど,尾瀬にとても詳しくガイドさんのよう。

あとで登るから,天気そのままで待っててくれ~!
DSCF1147.jpg

各所に点在する池塘に浮かぶヒツジグサの紅葉
DSCF1148.jpg

matsuが池塘の中に何かを発見! イモリがゆっくりと泳いでいた。
DSCF1149.jpg


上田代の池塘から逆さ燧! 雲がまったくない。 ここはシンメトリーに仕上げてみた。
DSCF1152.jpg


なぜこんな高いところにこれだけの湿原が。 自然の力って本当にすごい!
DSCF1156.jpg

まん中の丸い島が風に流されゆっくり移動中→
DSCF1157.jpg

 中田代の三叉路でこれから先の行動を相談。 Zen兄ィとmatsu,二人とも尾瀬が初めてでもっと尾瀬ヶ原を歩きたい。 m109さんは何度も訪れているので写真を撮りながらのんびりしたいとのこと。
 相談の結果,ここでm109さんといったんお別れ。 男性陣は竜宮を目指す!

スタスタと木道を闊歩するZen兄ィ。 写真を1枚撮るたびに50mほど離される。早ぇーよ!(汗)
DSCF1160.jpg

 素晴らしい景色だが,歩いても歩いても変化のスピードがスローな尾瀬ヶ原。 Zen兄ィが,ミズバショウはいつごろだ?とか,春のほうがきれいなんじゃないのか。などと言い始めた。 ガイドが居なくなった長い木道歩きは,もう彼を飽きてさせてしまったらしい。(笑)
 そんなZen兄ィを勝手に行かせてmatsuと中田代の湧き水に寄り道。

無数の魚を発見。 何という魚だろう?
DSCF1164.jpg

竜宮小屋まで,あともう少し。 
DSCF1167.jpg

9:10 竜宮小屋に到着。 勝手にモデルになっていただいた女性の方,スミマセン。
DSCF1169.jpg

※注 朝9:15です・・・ (汗)
DSCF1168.jpg

 いや~尾瀬のど真ん中,朝から飲むスーパードライはうんまいなあ~!(爆笑)
 チーズとサラミは日帰りでも欠かせない。 Zen兄ィは明太子入りソーセージ? 燃費の悪いmatsuはおにぎりをおつまみに。 まあ,帰りの運転までにはアルコール抜けるっしょ!(汗) 
 おいしいビールを飲んだら,次はヨッピ橋へ向かう。 ちょっとゆっくりし過ぎたか?

 竜宮小屋からヨッピ橋間には,白樺がまるで植えられたように並んでいたが,あとで教えてもらったガイドさん情報によれば川が栄養分を運んでくるからだそうである。 なるほど・・・

9:50 分岐に到着。 
DSCF1173.jpg

ヨッピ橋(定員10名) アイヌ語らしいがなぜこの地でアイヌ?
DSCF1174.jpg

ヨッピ川 
DSCF1175.jpg

 途中でダンボールを何段も積み重ねた大きな荷を担いだ方とすれ違う。
 ここでは空輸ばかりではなく歩荷もされているのだ。 お疲れさまです。

ヨッピ橋から牛首に向かう途中から。
DSCF1179.jpg

 中田代三叉路で再びm109さんと合流。 少し風が出てきたか寒そうにして待っていた。 われわれが現れるのを自然観察用に持って来た双眼鏡で探していたらしい?

 至仏山を見ながら山ノ鼻へ引き返す。 ガイドさんによると木道は10年を目安に架け替えるそうで,1mあたり30万円の費用がかかるとか・・・ 東電,大丈夫だろうか・・・

11時ころ? 再び山ノ鼻へ戻る。
DSCF1182.jpg

 昼メシにちょうどいい時刻なので,山ノ鼻で食べることにした。
 Zen兄イとmont-dendenはカップ麺とおにぎり,matsuはコンビニ弁当だ。 m109さんはタコライスだそうだ。 彼女はコーヒーポットまで持参してきていてドリップコーヒーを淹れてくれた。 ウマーし! ありがとう。

11:40 おなかが満たされたら,至仏山に向け再出発!
DSCF1184.jpg

 看板を見ると,何々・・・午前9時以降の入山はお控えください??
 他に入山者がいないが・・・ 大丈夫だいじょうぶ。(汗)

登ること45分,振り返れば尾瀬ヶ原と燧ケ岳! 左奥には会津駒ケ岳も。
DSCF1185.jpg

滑る蛇紋岩に苦労しながらも,どんどん標高を稼いでいく。
DSCF1187.jpg

 13:40 登ることちょうど2時間で山頂に到着。
 われわれ以外の登山者はほんの数名だったのに,山頂のこの騒がしさはいったい何なのだ!
 鳩待峠からのピストンだと手軽に登れるため,よく晴れたこの日,山頂は大勢の登山者でにぎわっていたのである。
 さすがにこの時刻では快晴でも遠景はかすんでしまったが,それでも360度の大展望だ。 

まずは,山頂からの尾瀬ヶ原と燧ケ岳
DSCF1188.jpg

越後駒ケ岳と中岳 左奥には八海山
DSCF1189.jpg

苗場山 ※奥の平らな山
DSCF1190.jpg

日光白根山 左奥に男体山
DSCF1191.jpg

皇海山
DSCF1192.jpg

会津駒ケ岳
DSCF1196.jpg

 いやー,天気が最高で素晴らしい景色だったが山頂で写真を撮っていると寒くなってきた。
 いつもよりだいぶ遅い行動だ。 そろそろ下山しなければ・・・ 13:45下山開始。

 結構なペースで下っているにもかかわらず,なかなか鳩待峠が近い雰囲気にならない。 頭の中に入っていた下山のコースタイムはちょうど1時間。 ところがあとで確認してみると実際のコースタイムは1時間55分だった。(汗) 小至仏山から鳩待峠までが1時間であって,至仏山から小至仏山までの55分が計算に入ってなかったのだ。 matsuに何度かコースタイムを聞かれたが地図を確認しなくてごめん。 まあ気にしない気にしない。(笑) 6年前に下ったときはKim(フルマラソン2時間30数分で走るヤツ)と二人で駆け下りてしまったため,1時間くらいと錯覚していたかも?(汗) 
 
 15:15?(失念) 鳩待峠に到着。
 matsuのジョッキ生がうらやましいが,車を運転する身ではもはやアルコールは厳禁! ここはオールフリーで我慢。
 鳩待峠は大混雑で,乗合バス・タクシーのチケット販売窓口に行列ができていた。

 バスに乗って戸倉に到着したときは,かなり遅い時刻になってしまったので,尾瀬戸倉の第一駐車場のすぐ隣にある温泉に入ることにした。 最近マラソンに力を入れているmatsuのおなかを見ると腹筋が割れている! 5月に行った八ヶ岳の本沢温泉では,m109さんに写真撮影をお願いして断られたmatsuだが,これは撮らないとー。m109さん!!(笑)

 帰路では日光いろは坂の下りで渋滞に巻き込まれ,遅い帰宅になってしまったが,よく晴れてきれいな景色を見ることができ,楽しい山行となった。

 Zen兄ィ,ハンバーグの夕飯ごち!
 

5 Comments

mont-denden says..."Re: 天気最高じゃん!"
Mars?? 山ボーイKだっぺよ~!
去年一緒に行った火打・妙高も最高だったけど,今回も最高だった!
来年と言わず今年もまだまだ行けるよ。マジで雪山行く奴を探してるんだが,どう?
m109さんは,すでに割れてると思いますi-88
2014.10.14 19:11 | URL | #- [edit]
名無しのごんベエさん says..."天気最高じゃん!"
おつかれさまです。Marsです。ご無沙汰してます。

こんな山行見せつけられちゃうと行きたくなるわ-。

今年は行けずじまいになりそうですが,
来年はヘルメット持参で参加しますよ。

てゆーか来年は m109 ちゃんも腹筋割るってことか?w
2014.10.14 13:03 | URL | #- [edit]
mont-denden says..."Re: 楽しかったです♪"
> お誘いありがとうございましたv-363
> 天気が良くて景色も紅葉も花火も(?)見られて、最高の1日でした☆

いえいえ,ガイドさんがいなかったら単調な山行になっていました。
こちらこそありがとう!

> 入浴シーンの写真撮影は、来年(?)阿曽原温泉に行った時にやりますか?!
> 高天原でも良いですけどね。

お,やっとその気になったか!
さてはmatsuの腹筋が見たくなったな~!(笑)


> それまでに体力と技術を身に付けておきます(^o^)/

それまでmont-dendenも腹筋割っときます! 絶対無理だけど・・・(^_^;)
2014.10.13 21:31 | URL | #- [edit]
m109 says..."補足"
木道の値段ですが、1mあたり30万円は、尾瀬沼付近の新しいタイプの幅の広い木道だったかも。
通常の木道は1mあたり12万円くらいのようです。
すみません!
8月の尾瀬のレポに新しい木道の写真も載せますね。
2014.10.13 20:45 | URL | #- [edit]
m109 says..."楽しかったです♪"
お誘いありがとうございましたv-363
天気が良くて景色も紅葉も花火も(?)見られて、最高の1日でした☆
健脚メンバーの足手まといにならないよう体力温存で分岐で待っていたのですが、竜宮小屋まで一緒に行けば良かったな~とちょっと後悔しています(^_^;)
竜宮現象、不思議ですよ~

入浴シーンの写真撮影は、来年(?)阿曽原温泉に行った時にやりますか?!
高天原でも良いですけどね。
それまでに体力と技術を身に付けておきます(^o^)/
またよろしくお願いしますi-185
2014.10.13 20:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。