denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

2014夏縦走3日目~雨の南岳新道

山行日:2014年 7月27日(日)
ルート:1日目 上高地~涸沢(テント泊)
     2日目 涸沢~北穂高岳~大キレット~南岳小屋キャンプ地(テント泊)
     3日目 南岳小屋~(南岳新道)~槍平~新穂高温泉
メンバー:mont-denden(ソロ)

 さて3日目の朝である。計画では,今日は槍ヶ岳~西鎌尾根と縦走し,双六小屋のテン場でキャンプ予定だったのだが・・・

3:45 起床。相変わらず風が吹き続いているが,雨粒がテントをたたく音は聞こえない。
 ところが外に出てみると霧雨がひどいのだ。朝食の間に天候が回復してくれればいいけれど,残念ながら昨日Sさんが教えてくれたとおりの天気になりそう。

 マルちゃん正麺の朝食を食べ,ゆっくりと出発の準備をするものの天候はまったく変わらず。これでは仕方がない。潔く諦めて下山を決意。
 隣のツェルトの彼も撤収にかかっていたので,昨夜は大丈夫だったかとお声がけ。3度ツェルトをつぶされたそうだが何とか耐えたとのこと。すごいな・・・

 さてと,新穂高温泉と上高地,どちらに下山しようか迷う。
 ① 南岳~(南岳新道)~槍平~新穂高温泉
 ② 南岳~天狗原~(槍沢)~(梓川)~上高地

 ①は,まだ歩いたことがなく興味があるので歩いてみたい。コースタイムも短く,温泉に入っても本日中に自宅まで帰れそう。しかし西側に下山するため,風が強いのが難点。
 ②は,2010年の縦走の登りで歩いた。東側へ下山するため風はさほどではないと思われるが,コースタイムが長く本日中の帰宅はかなり無理があるため,小梨平キャンプ場あたりでもう一泊せざる得ないだろう。

 上高地でひとりキャンプしても,あまり楽しくはなさそうだし,ここは①で決定!
 初めて歩く南岳新道。ところがこの道のコンディションが悪いのなんのって! 

こんな道をジグザグに下っていく。
DK-68.jpg

 急なガレ場をやっと通過したと思ったら,雪渓をトラバースした後は登り返しが待っていて,なんと尾根に出る。この尾根が結構長くて容赦なく吹き付ける霧雨がしんどい。ようやく樹林帯に逃れるも急斜面の連続で,大き目の岩がツルツル滑った。丸太で作られたはしごもほとんど壊れている。いやあまいったな。
 やっとの思いで槍平小屋に着いて小休止。ここから新穂高温泉まではあまりアップダウンのない沢沿いの道。しかしザーッと降ったり,ドカーン!と鳴ったり(計3発)と,最悪の行程だった。
 それでも新穂高温泉に着いて温泉に入り,生ビールを飲むとよみがえった。

 1日早い帰宅になってしまったけれど,大キレットという目標は達成できたのでヨシとしよう!
 次は,西穂~奥穂間に挑戦しようか葛藤中・・・(汗)
 
 

2 Comments

mont-denden says..."Re: 楽しみながら、参考にさせてもらっています。"
ADMさん,私の拙なブログにご訪問いただきまして誠にありがとうございます!
読者が少ないのでとても嬉しいです。(汗)
ロードバイクで鍛えて北アルプスですか。いいですねー!
この夏は残念でしたが秋の涸沢はぜひ実現させてください。
涸沢は何度行ってもいいですよね。北ア最高!

このブログ中にも「秋の涸沢」をアップしていますので,探してみてくださいね。
2014.08.20 22:23 | URL | #- [edit]
ADM says..."楽しみながら、参考にさせてもらっています。"
mont-dendenさん

当方も、退職して年金を貰っています。6年前からロードバイクで体を鍛えて
若いころに登った北アルプスを再訪する決意をしました。
この夏に涸沢をベースに奥穂、北穂、前穂をアタックを予定しておりましたが、
寄る年波に耐えず、体調急変しアレルギー性の湿疹が肩や背中に出来てしまい
未だ完治せず断念しました。
mont-dendenさんのブログを読んだり、山道具を買ったり更新しながらストレ
ス発散しております。

秋の涸沢、ななかまどの紅葉を楽しめれば良いか、と思い直しております。
ブログを楽しみながら、参考にさせてもらっています。
2014.08.20 11:01 | URL | #2HcmN/RQ [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。