denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

アイゼン新調!

 今年は本格雪山デビューしたにもかかわらず思うように自分の時間が持てず,とうとう桜の開花が聞こえる季節となってしまった・・・ うおー,もっと山に行きたい!!
 実はアイゼンも新調していたのだが,早くしないと出番がなくなるなこれは・・・

雪目no!

 雪山にサングラスを忘れてはならない!!
 ほうほうのていで,ようやく家にたどり着いたんである・・・
 

春?の谷川岳

山行日:2014年 3月15日(土)日帰り
ルート:天神平~トマの耳・オキの耳~天神平 
メンバー:mont-denden(ソロ)

 およそ2カ月ぶりの山行なのだ。今年冬山デビューしたものの,ある事情でしばらく山は我慢していた。
 事情とは娘の高校受験で,合格を確認するまでは父親が遊びまくっているのは不謹慎だからね。
(われながらエラい!)

 晴れて合格したので早速行って来た。当初,日光あたりのマイナーな山に行こうか悩んだが,雪山初級者のソロだけに人気で安心感のある谷川岳に決定!

黒部の山賊

 三俣山荘を訪れたのは2006年のこと。以後,黒部五郎や雲ノ平でキャンプしたが三俣山荘へは行っていない。この本は三俣山荘でしか購入できない(はずだった)ので,いつの日か再び訪れて買いたいと思っていた。
 ところが,こたびの復刻版(2月22日発売)である。これは読まないと!Amazonでポチ。



 カベッケが原では毎年夏になるとカッパが盆踊りをするのだという・・・ この本に書いてあることは,たぶん本当の話だ。
 面白いこと請け合い! mont-dendenが保証するまでもなく名著中の名著なので,読んでいない人には強くおススメします! ああ,またあの山域に行きたくなってしまった・・・
 奇しくも「黒部の山賊」の初版は1964年。伊藤正一さん(存命中90歳)によるあとがきは6月で,ちょうどmont-dendenが生を受けたのと一致する。感慨深いことこの上ないのである。

 今ではとても考えられない北アルプスの昔話。一気に読める素晴らしい一冊!
 

該当の記事は見つかりませんでした。