denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

ゆでスパゲッティ

 2012.06.24 苗場山の日帰りでのランチ。

yudespa04.jpg

梅雨の晴れ間~苗場山

山行日:2012年6月24日(日)
ルート:みつまた第2リフト駐車場~和田小屋~神楽ヶ峰~苗場山~往路を戻る
メンバー:mont-denden(ソロ)

 週末は晴れの予報だった。 じっとしてはいられない。 那須,日光,八ヶ岳・・・ どこへ行こうかと散々悩んだが,ソロの日帰りで無理がなく,まだ登ったことのない苗場山に決定!
 一般の人が苗場ですぐに思いつくのがスキー場だ。 だがあれは筍山という1800m弱の山で苗場山とは少し離れたところにある。 むしろ「みつまた・かぐら・田代スキー場」のほうが苗場を名乗って違和感がないくらいだ。
 私も20代にはスキーをしに何度もこのエリアを訪れたし,結婚して子供ができてからも家族で何度か滑りにきた。 しかし,登山で訪れるのは今回が初めてである。

 どうせ行くなら車内で前泊すれば楽なので,土曜の夕刻から北関東道~関越道をすっとばして湯沢へ。 一般的な登山道である祓川コースの登山口を目指す。 国道17号を分岐してからの山道は恐ろしいくらい真っ暗で道も狭い。 もし一人しかいなかったら車中泊がかなり心細いかも・・・(汗)


浅間山日帰り(内輪Ver.)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

キムチ鍋

 山でいつかは食べてみたいと思っていたキムチチゲ。
 2012年の雲取山ソロ,同年の有志4名による浅間山山行時に作ってみた。

kumo-021.jpg

浅間山日帰り

山行日:2012年6月10日(日)
ルート:車坂峠~(表コース)~トーミの頭~湯ノ平口~火山館~前掛山登山口~前掛山
    ~前掛山登山口~Jバンド~蛇骨岳~黒斑山~トーミの頭~(中コース)~車坂峠
メンバー:ZEN兄,m109,キムタカ,mont-denden

 ストレスの溜まる季節がやって来た。関東でも梅雨入り宣言されたし,これからはずーっと雨が続くんである。でも,この日曜日だけはかろうじて山に行けそうなコンディションだ。
 もっと天気の良い日を狙って行こうよと気乗りしないZEN兄を説得し,山仲間4人(男子3,女子1)で浅間山に行ってきた。

6:30 車坂峠を出発。綺麗な花が咲いてたが花の名前はわからぬ。

asama-001.jpg

八ヶ岳VS雲取山

 5月19~20日に行った雲取山・飛龍山の行程が結構ハードだったので,昨年行った八ヶ岳と比較してみた。まずは八ヶ岳。

行程:赤岳山荘~行者小屋~阿弥陀岳~中岳~赤岳~赤岳頂上小屋(泊)
   ~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~赤岳山荘
歩行距離:約17km, 最大標高差:1212m

roop-southyatsu.jpg
※使用したツールはカシミール3D

 そして先日の雲取山・飛龍山・・・

一眼レフの携帯

 山に一眼レフカメラを持って行く人は多い。私もその一人だ。そういう人たちの共通の悩みはカメラの携帯方法である。
 まず,ザックに仕舞っておいて写真を撮るときだけ取り出すやり方。歩行時にカメラが邪魔にならなくて良いが,いざ写真を撮りたいと思ったときザックを下ろさなければならず,時間がかかって面倒だ。ソロ山行ならまだいいが,そうでないときは仲間に顰蹙を買うかも知れない。それに山の写真は意外にも好機が一瞬だったりする。
 となると,やはり常に首にかけておくしかない。だが,普通にかけたままではカメラがブラブラ動いて歩けたものではない。そこでタスキがけにすると歩き易くなるが,ストラップを通して首の片側に重量がかかるので極めて不快である。

 悩んだ挙句,私なりに出した答がコレ!

<鏡に映った自分を撮影したのでカメラの文字が逆>
Camera001.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。