denden's 山紀行

山と自然を愛するmont-dendenが綴る山ログ since 2010

2017梅雨の晴れ間~飯豊山(後編)

山行日:2017.7.8-9(1泊)
山行スタイル:ソロ、テント泊

切合小屋(きりあわせごや)に到着し、オレンジジュースも飲んだしテントも張った。♪
さあ、飯豊本山まで往復してこよう!
12:20 午後の部スタート!

テン場を振り返る。薄緑が僕のエスパース・カモシカ・リミテッド・エディション
IMG_0408.jpg

 
暑さは相変わらずで、稜線歩きだけに逃げ込む日陰もほとんどない。
でも飯豊連峰って雰囲気あるよ。うん、いい山だ!(^_-)-☆

IMG_0409.jpg

すぐに雪渓に突入!
一部急坂もあるのでノーアイゼンの場合は気を遣う。

涼しい雪渓歩き♪
IMG_0411.jpg

草履塚(1908m)
IMG_0412.jpg

尾西岳方面
IMG_0413.jpg

なんとかウスユキソウ
IMG_0414.jpg

飯豊本山の山頂にガスがかかってきたよ。(汗)
IMG_0416.jpg

姥権現
IMG_0418.jpg

御秘所の岩場
IMG_0420.jpg

トレッキングポールを使用するときは、登山道を荒らさないようゴムキャップをつけるのが今の常識だが、剣ヶ峰付近とこの御秘所に限っては外すよう書いてあった。

まだだいぶ雪渓が残っている山頂付近
IMG_0421.jpg

IMG_0422.jpg

IMG_0423.jpg

御前坂
IMG_0424.jpg

後を振り返る。
IMG_0425.jpg

13:45 飯豊本山小屋直下のテン場に到着。
切合小屋の管理人さんが教えてくれたとおり、テントを張っている人はただのひとりも居ない。

テン場の様子
IMG_0427.jpg

道標の一番下に水場0.1kmと書いてあるけど、水は出ていないとのこと。
IMG_0428.jpg

ガスに隠れていた本山小屋が姿を現す!
IMG_0429.jpg

なるほど!葉っぱが違うぞー。
IMG_0430.jpg

本山小屋の隣にある飯豊山神社 内部の撮影は不可!
IMG_0433.jpg

飯豊山の山頂はここから20分ほど先にある。
でも、少し休憩してから行きましょ。

山頂までの稜線は平坦で歩き易い♪
IMG_0434.jpg

IMG_0435.jpg

IMG_0437.jpg

14:10 飯豊山の山頂(2105.1m)に到着!
IMG_0438.jpg

今回は1泊という制限があったので御沢登山口からの本山往復とした。
だが本来であれば・・・
この先の尾西岳まで行き、そこから飯豊連峰最高峰の大日岳(2128m)をピストンする。
さらに北上して烏帽子岳、北股岳、門内岳と歩き、最後に飯豊温泉に下山する。
という3泊4日で計画するのが正しい歩き方で、実は百名山屈指のロングトレイルなのだ。
とても良い山域なので、またいずれ計画してみよう。(必ず防虫ネットを持って・・・)

本山小屋に戻るIMG_0442.jpg

おお、なんと勇敢な!
テントが張ってあるではないか!
そして、あるじは水場方面に下りていこうとしている。
雪渓を溶かしてろ過するんだろうか・・・

テン場に青の1張
IMG_0443.jpg

復路を望む。すごくいい山域じゃないか!
IMG_0446.jpg

よーし、もう少しで今夜のねぐらだ。
IMG_0453.jpg

16:00少し前にテン場に帰還。
テントは既に設営済みなので、水場で冷たい水をくんでこよう。
ついでにビールも冷やしてこよう。
昼に切合小屋で冷たいビールの注文をオレンジジュールに変えたと前編で書いたが、実は2本持ってきているのだ。(^^;

ところが水場に行ってみると、水が細くて3人も待っている状態だった。
僕の番になっても、後ろにまだ2人待っているので、とてもビールを冷やすことなどできなかった。

ビールは冷えていなければビールではない。
よって小屋で1本買ってきた。350ml缶が1本800円也!(~_~)
でも、うまーし!サイコー!!

お隣のプロモンテの住人は僕よりひとつ年上の方で、埼玉から来たとのこと。
山の話、星の撮影の話、大学時代の話、車の話、海の話、仕事の話、同年代なのですごく話が合った。
ウイスキーが進む進む、二人で大盛り上がり!
気が付けばもう18:00を回っている。
そろそろ食事の準備をしなければ・・・

こよいのメニューはスパゲティ・アラビアータだ!
IMG_0454.jpg

今日は久しぶりによく歩いた。
朝からの行動時間は実に11時間だ。
この夏は南アルプス南部の縦走をもくろんでいるから、このくらい歩いたほうが練習になっていいかもしれない。
スパゲティを食べて横になって、ちびちび飲っていたらすぐに睡魔が襲ってきた・・・


<2日目>
よく歩き、よく喋り、よく飲んだのでよく眠れた!
僕は昨日のうちに飯豊本山に登ってしまったが、お隣さんは朝一で登ってくるとのこと。
今日は下るだけなので、のんびりと起きて朝の雰囲気を楽しむ。

朝のテン場から
IMG_0457.jpg

IMG_0458.jpg

朝食はウインナー3本、ベーコン5枚入りカルボナーラだ!
IMG_0459.jpg

このカルボナーラ、朝食にしてはボリュームがありすぎたようで、ものすごく腹持ちが良かった。
さあ今日もいい天気だ、暑くならないうちに下山しよう。

6:40 出発!
IMG_0461.jpg

三国小屋までは3つくらいピークを越えなければならない・・・
IMG_0463.jpg

8:10 三国小屋に到着。
ここでトイレをお借りして大休憩。
管理人さんが双眼鏡で西のほうを眺めているので聞いてみると・・・
3日前に宿泊したお客さんが下山しておらず、ヘリがホバリングしていたので見つかったのかもしれないとのこと。
北海道から単独でやって来た50代後半くらいの男性だそうだが、早く見つかりますように・・・
そのほかにも、管理人さんから今年の飯豊山の状況についていろいろ話を聞くことができた。
やはり、今年は雪が多くて切合小屋でも水が出たばかりだったそうである。
本山小屋の水場については、雪渓がある形にならないと出ないと説明された。
大日岳へのアクセスは急な雪渓歩きか藪漕になるそうで、いずれにしてもまだ危険とのこと。
話好きの良い管理人さんだったな。

三国岳から剣ヶ峰、地蔵山を望む。
IMG_0469.jpg

剣ヶ峰を振り返る。
IMG_0471.jpg

11:30 御沢キャンプ場に到着!
IMG_0477.jpg

豪雪地帯の山ならではの特徴なのだろう。
飯豊連峰は、稜線にさえ出てしまえばコース全体で展望が良く、素晴らしい山だった。
おまけで日本百名山49座目がついてきたのもうれしい。

<虫の襲撃その後>
話には聞いていたが、この山域はやはり虫が多かった!
顔の周りをブンブン飛び回っているだけなので、その時のストレスだけ我慢すればいいと思っていたら・・・
下山後に耳とおでこと鼻が腫れ、痒くなってきた。
ムヒ・アルファEXを塗りまくったが、完治するまで約1週間を要した。
次回行くときは、絶対に防虫ネットを忘れない!
 


4 Comments

mont-denden says..."Re: タイトルなし"
kakaさん、今晩は!
毎度ありがとうございます。

一生行くことのない山域だなんて思わないで、記憶の片隅にでも残しておいてください。
だってhiroさん120歳まで生きるんだから、いつかチャンスが訪れるかもしれませんよ。(^^)/

パスタは、山では茹でると時間がかかるので1.4mmのものを使っています。
↓ソースはアラビアータもカルボナーラもS&Bの「予約でいっぱの店シリーズ」です。
https://www.sbfoods.co.jp/yoyaku/
えれえこった家の豪華な食事には到底及びませんが、トマトもベーコンもちゃんと形があって美味しいですよ!
(※大量にぶち込んだウインナーとベーコンは別です)

2017.07.25 21:13 | URL | #- [edit]
えれぇこった2号 says...""
dendenさん

こんばんわ(*´∇`*)
御秘所の岩場良い感じですね。。。私は多分一生行くことの無い山域だよなって思いながら、何度も写真を拝見しました!

飯豊本山小屋直下のテン場にテント張ってた青いテントの方は雪を溶かしたのかしら ???

スパゲティ美味しそう!!
麺は普通のスパゲティを茹でたのかしら?
ソースは温めるタイプ??
そこがかなり気になってしまいました(*´∇`*)

次回はゆっくりと縦走出来ると良いですね。
2017.07.25 01:53 | URL | #- [edit]
mont-denden says..."Re: タイトルなし"
目目連さん、今晩は!

飯豊山すごく良かったです。
東北アルプスと呼ばれるだけのことはありますネ!(^_-)-☆
この辺りはあまり行ったことがなくて、鳥海山、月山、朝日岳もまだです。
素晴らしい山域なのでこれから攻めていこうと思っています。
防虫ネットを着けて・・・

さすがの目目連さんも虫には勝てないようですね!(^^;
 
2017.07.24 21:03 | URL | #- [edit]
目目連 says...""
mont-dendenさん

雪が多いので綺麗ですね。
最高じゃないですかー。

みなさんのレポを見てると、食事がいいんですよね。
私は面倒臭がりの単細胞なので、超簡単なものしか作れないんです。

日本海側の夏山は虫が多いです。
雨飾も夏は勘弁です。
『うるる』とか『おろ』とか地方によって呼び方がことなりますがブヨ系のヤツですね。
蚊のように刺すのではなく食いちぎるので、あちこち流血しながら歩いたこともあります。
2017.07.24 19:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。